お勧めのビジネス書 by ホーライ

アクセスカウンタ

zoom RSS おすすめのビジネス書★失敗の本質―日本軍の組織論的研究

<<   作成日時 : 2011/08/15 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

敗戦の原因は何か? 
今次の日本軍の戦略、組織面の研究に新しい光をあて、日本の企業組織に貴重な示唆を与える一冊。

この本が単行本として最初に世に出たのは1984年。
しかも分析に当たって底本としたのが更に昔の戦史叢書(1966−80年刊)。

その後発表された膨大な戦史研究をふまえて本書を読めば、個々の事例分析はツッコミどころ満載である。
しかし、この本は長い間に渡り、いかなる戦史書よりも売れている。
なぜか?
それは、本書が敗因研究ではなく、組織分析の本として秀逸だからである(本の副題は「日本軍の組織論的研究」であり、決して「日本軍こうすれば勝てた」ではない)。
従って本書の肝は最後の第三章にある。
読み物として面白いのは間違いなく第一章だが、極論すれば、戦史に詳しい人であれば第一章を読む必要はない。

日本軍という組織の特性を、すべて日米の国力差に起因するものと安易に結論づけることなく、日本独自文化論でお茶を濁すこともなく、論理的にねばり強く結論まで導いており、この第三章は玩味熟読する価値がある。
著者の一人である野中郁次郎が、後に本書の結論を発展させた形で出版したアメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)と併せて読むと更に理解が深まると思われる。

とても読み応えのある内容でした。
また、本書の内容は会社経営にも非常に参考になる点が多いと思いました。
前半で6つの戦闘の経緯を詳述し、後半で6つの戦闘から帰納的に導かれる日本軍の特質を米国軍と対比することで分析しています。

読み応えについては、単に後半で、使っている単語・文章が比較的難しい(創造的破壊、下位の組織単位の自立的な環境適応、など)ということもあるかもしれません。
しかし、文脈で捉えれば容易に理解でき、また前半の各戦闘の説明が非常に詳細な具体例として挙げられていることで、抽象的な言い回しも十分に理解でき、かつ、抽象的にも思える文章に説得力が増します。
各戦闘の敗退の理由にはもちろん、物量に乏しいというのと技術的に立ち遅れていたという日本軍の特色もありますが、本書を読むとそれだけではなく、日本の戦略策定における原則的な考え方や組織上の問題点などが一番の問題だったと言うことがわかります。 
さらに言うと、なぜ技術的に立ち遅れていたのかということもその根本的思想に原因があったことがわかり、今までの私の表面的な日本軍像がちょっと変化しました。
これは、会社経営に大いに通じることがあり、非常に多くの示唆に富んだ内容でした。

あなたの会社は、旧日本軍になってませんか?


●【アマゾン】『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』
         ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122018331/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●【楽天】『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』
    ↓
http://tinyurl.com/3b3dzys


画期的な『おすすめのビジネス書』のサイト
    ↓
『おすすめのビジネス書』のサイト








失敗の本質?日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
中央公論社
戸部 良一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 失敗の本質?日本軍の組織論的研究 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おすすめのビジネス書★失敗の本質―日本軍の組織論的研究 お勧めのビジネス書 by ホーライ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる