お勧めのビジネス書 by ホーライ

アクセスカウンタ

zoom RSS これも立派なビジネス書!!★マネー・ボール

<<   作成日時 : 2012/01/03 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画化されたことでも有名な本。

メジャーリーグの球団アスレチックスの年俸トータルはヤンキースの3分の1でしかないのに、成績はほぼ同等。

この不思議な現象はゼネラルマネージャーのビリー・ビーンの革命的な考え方のせいだ。その魅力的な考え方はなんにでも応用できる。

マイケル・ルイスはこの本で、その考え方を、切れ味のいい文体で、伝記を書くように書いた。

ここには選手たちがたどる数々の人生の感動と、人が生きていくための勇気が溢れている。


野手に必要なのは長打率と出塁率。

四球とヒットは同価値である。

シングルヒットは投手の責任ではないetc。

そういった理論で他球団が見向きもしない選手を安く仕入れて、優勝を争うチームに仕上げる。

そして、活躍した選手を高く売り、その資金で選手を仕入れ再び優勝を争うチームに仕上げる。

貧乏球団アスレチックスのGMビリー・ビーンの哲学である。

そんな彼が率いるアスレチックスの費用対効果は素晴らしい。



この作品に書いてあるのだが、野球選手の本当の実力を、誰もが知っている打率や打点だけでは評価しない、という試みは野球関係者以外の間では以前からあったそうである。

最も野球関係者は相手にしなかったのだが…。

ビリー・ビーンの凄いところは、その方法を採用すると決めた決断もしただけではなく、それを徹底した点である。

そこに現れている数値を冷静に判断する彼の行動が、かなり感情的で強引なのがおかしいが、結局のところ彼のこのキャラクターがなければアスレチックスの躍進はなかったであろう。

それは、彼の片腕であり、後にドジャースのGMに転身したポール・デポデスタが2年で解雇された姿を見れば明らかだと思う。

知性と野性を兼ね備えた男ビリー・ビーン。

毀誉褒貶はあるに違いないが凄い男である。

ただ、すべてがアスレチックスのようなチームになった野球が面白いかと言えば、答えはNOであろう。

“金満球団“ヤンキースや豪快な空振りをする選手、魔法のような守備を見せる選手は必要である。

そういった存在がなければアスレチックスの魅力も輝かない。

そして、その逆もいえるのである。

野球。一つの物差しでは測ることの出来ない奥の深いスポーツなのである。


これも、立派なビジネス書。

本物の知識で生き残るための1冊だ。


マネー・ボール (RHブックス・プラス)
(アマゾン)





マネー・ボール (RHブックス・プラス)(楽天)

【送料無料】マネー・ボール

【送料無料】マネー・ボール
価格:798円(税込、送料別)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則、自己啓発の方法を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則、自己啓発の方法を紹介するサイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これも立派なビジネス書!!★マネー・ボール お勧めのビジネス書 by ホーライ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる