最新の科学ニュース▼やけどの治療は皮膚を「印刷」 医療新技術

最新の科学ニュース▼やけどの治療は皮膚を「印刷」 医療新技術
   ↓
http://www.cnn.co.jp/world/30001872.html


一般家庭やオフィスで使われているインクジェットプリンターからヒントを得て、負傷部分に皮膚細胞を吹き付ける「バイオプリンター」を開発したという。

何と言う発想力!

こういう「ぶっとんだ」発想が科学技術を発展させてきたのだ。


時々(頻繁に?)、こういう発想に関しては日本人は負けてしまう。

真面目な性格が、そうさせているのかもね。


だいたいさ、「爆薬」にも「薬」にも使われている「ニトログリセリン」の誕生物語を知っている?

これだ
 ↓
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/kusuri_yomoyama1.htm




●●●「最新の科学ニュースはこちら」●●●
     ↓
http://horai-sciencenews.seesaa.net/


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック