実在するエクソシスト要請講座&ダンプ疾走&マウスES細胞

●●●実在するエクソシスト要請講座


実在するエクソシスト(悪魔払い)とエクソシスト要請講座、の映画が封切られる。

エクソシストはバチカン公認の正式な職業である。

バチカンにはエクソシスト養成講座が存在し、そこで学んだ者たちが、悪魔ばらいの儀式を遂行する。

中世ではなく、21世紀の話だ。

予告編はこちら
  ↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/therite/index.html



僕って、こういう話に目がないんだよね。

久々に映画館に足を運ぼうかな。

最後に映画館で観た映画は「誰もしらない」だった。


映画館に足を運ぶのも10年近くになる。

レンタルビデオも便利で、好きな食べ物と飲み物を飲みながら、トイレに行く時は停止ができるし、登場人物を確認するのに、巻き戻したりとね。


でも、映画館のあの雰囲気はいいよね。

観客が一体感を感じられて。

大スクリーンで大音量で(あそこまで大音量にしなくてもいいとは思うけれど。)

どっぷりと映画にひたりたいなら映画館だな。






●●●ダンプ疾走、30人救う 仙台・蒲生で土建業の男性ら
  ↓
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110406t13047.htm


今回の震災では、こういう「機転が利く」話が多い。

ある高校生は、隣を歩いていた「見知らぬ」おばあちゃんを背負って高台まで走った、とか。


自分を顧みると、恥ずかしい。

自分が危険にさらされたとき、自分のことしか考えられない自分。

今度、もし、同じような状態になったら、ああしよう、こうしようと反省しています。





●●●<マウスES細胞>網膜組織の作成成功…初の立体構造 理研
  ↓
http://mainichi.jp/select/science/news/20110407k0000m040178000c.html


直径約1センチのくぼみの中で集める(凝集する)方法を開発したのがミソだね。

つまり細胞は周囲から、ある一定の形を与えられると、それぞれの細胞が分化して、機能を発揮し始める。

「形」が大事なのだ。

細胞も人生も。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック