スメタナ『モルダウ』:ボヘミアン!

チェコの都プラハの美しい街の中央を滔々と流れる川こそが、スメタナの名曲「モルダウ」で知られる川である。

もっともプラハの人はこの川の名をモルダウとは呼ばない。
彼らの言葉では「ヴルラヴァ」。

「モルダウ」とは長く支配されていたドイツ語での呼び方だからだ。



作曲者のスメタナは、チェコ国民楽派の父である。

彼はボヘミアの民族的な音楽や伝説などを素材に、多くのオペラや器楽曲を書いた。

この「モルダウ」を含む長大な交響詩「わが祖国」も、まさにその代表作と言える。

6曲からなる連作交響詩で第1曲「高い城」から「モルダウ」「シャールカ」「ボヘミアの森と平原」「ターポル」、そして第6曲「プラニーク」で構成されている。


スメタナ:わが祖国(全曲) (アマゾン) 
   ↓
スメタナ:わが祖国(全曲)




(楽天) 

アンチェル/スメタナ:わが祖国(全曲)

アンチェル/スメタナ:わが祖国(全曲)

アンチェル/スメタナ:わが祖国(全曲)
価格:1,260円(税込、送料別)





★「おすすめクラシック、おすすめジャズ、おすすめポップス」バックナンバー
     ↓
http://horai-music.seesaa.net/


   ↓
もっと見る?人気ブログランキングへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック