繰り返し読みたくなる本、小説を持っていると長旅も楽しい。

新幹線の中で、以前、読んだことがあったけれど、ストーリーが面白いので、結果を知っていながら、また、最初から読み始めた。

小説を2回以上、読むことは結構、ある。

1回目で気づかなかった「伏線」などが分かって、それそれで面白い。

今回、持ってきた小説は「悪の教典」・・・・いろんな意味で怖い小説です。


悪の教典 上







繰り返し読める小説は、読むたびに楽しみが新たに発見できるのものだ。

そういう小説、本を選ぶのが大切だけどね。

これまで繰り返し、繰り返し読んでいるのは、新宿の私立探偵「沢崎」のハード・ボイルドだ。

あとは村上春樹の「風の歌を聴け」かな。


私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)






風の歌を聴け (講談社文庫)







歳をとって、「忘れっぽくなってきた」というのも、考えようによっては同じ小説を楽しめるので、いいものだ。




資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン





■■■ お勧めの本、お勧めの小説、面白い本、おすすめの小説、おすすめの本のランキング ■■■
       ↓
「おもしろい本、おすすめの小説、おすすめの本のランキング」の紹介サイト。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック