メールは真意が誤解されることもあるがアイデア製造機だ

現代社会ではメールが公私に渡り、コミュニケーションの重要な伝達手段だ。

このメールが出現した頃に、困ったことは「言いたいこと」がこちらが思ったとおりに「伝わらない」ことだった。

それまでは電話や面と向かって「言いたいこと」を言うのがメインだったので、相手の誤解を取り除きながら、コミュニケーションを取ることができた。

でも、メールでは下手すると、感情すらうまく伝えられず、その気は全く無いのに、相手を怒らせてしまった、ということもあった。

今ではメールの書き方も少しは慣れたし、「微妙」な話題はメールと電話(対面)のミックスでやったほうがいい、ということも分かってきた。

メールを「受け取る側」も学習してきて、メールでケンカすることも減ってきた。



社内のメールは時間を限定して処理するのが効率的だ。

緊急に返信しなければならないことだけは朝一で返信するが、それ以外は別の仕事をやりながら、ひと段落つく度に返信すればいい。

それと、帰宅前には絶対にメールを覗かない、というのも大事なノウハウだ。

そうしないと、残業続きになる。



研修ツールとしては毎週、火曜日に「英語学習のメルマガ」を発信し、金曜日に「GCPメルマガ」を配信している。

研修の案内もメールでやっているし、研修のフォローアップにメールを使うこともある。



とかくツールには「便利」と一緒に「危険」は常に付きまとうものだが、「メール」を賢く使っていこう。


メールに書くことで、自分のアイデアがはっきすることも多いし、また、そのようにメールを使うべきだろう。

本当に相手に伝えたいことは何か?

箇条書きにすると、どうなるか?


書きたいことから書いていき、あとで見直して、順番が簡単に変えられる、というのも「手書き」とは違ったデジタルのいい点だ。

この長所をいかんなく発揮させよう。


メールは伝達手段だけでなく、アイデアプロセッサーにもなりうるわけだ。



資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック