私のハチャメチャ読書術かと思えばビジネス書の読み方はちょっと凄い

エンターテイメント系の本は数冊、同時並行で読む。

通勤電車の中用の本、寝る前専用の本、お風呂やトイレに持って行く本など等。

村上春樹や東野圭吾、伊坂幸太郎とか、まぁ、そういう作家の人たち、プラス「ミステリィ」が多い。


ビジネス用の本は必ず「研修に使う」という目的を持って、ビジネス書を読む。

「研修に使う」という目的を持って読書すると、何も考えずに読むときの8倍は集中して読める。

どこをどのように研修に使うか?という問題意識を持って常に読んでるので、赤いボールペンの線がやたら多い。


1回読み終えたら、今度は研修に仕えそうなフレーズを拾いながら読む。

そして、実際の研修資料を作りながら、赤い線が引いてある箇所を中心に、また読み返す。

だから、最低でも3回は読み返す。


ビジネス書を読むスピードだが、ものによってもちろん違うが、2週間で1冊ぐらいのスピードで読む。

もちろん、問題意識を持ちながら読む。これがポイントです。

ただし、ビジネス書を「読む」という点を目的にしてはいけない。

ビジネス書は活用して、なんぼです。


最も廉価で効率の良い読書による自己啓発、やってますか?





資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック