本当の力は「失敗して」初めて分かる

8月に入ったということで、当社の(リアルの会社の)新入社員は目の色を変えて、8月の下旬にある「モニター任命試験」に向かって、練習に励んでいる。

その「モニター任命試験」は実技がある。

「プロトコルの概説」を「治験責任医師」候補に説明して、治験参加の打診をする、というロールプレーでやる。

「プロトコルの説明」はみな、そつなく、問題ない。

問題は、「モニター任命試験」で、試験担当官(7~8名)からの質問なのだ。

「あえて、意地悪な質問」をして、それに対して新人たちが、どう対処するか、見る、という質問が多い。

ベテランのモニターでも答えるのが難しい質問をする。

これで、「頭が真っ白」になったら、即、不合格だ。

だから、どんな質問が来ても、「動じない」態度ど度胸が必要なのだ。



これも、練習で、本番当日までにはかなり鍛えられる。

ということで、僕はその練習につきあって、ひたする「意地の悪い」質問をする。

「治験責任医師が、絶対に、この治験はやらない、と怒り出したら、どうする?」とかね。


9月になれば、モニター任命に合格した人と、不合格の人が、はっきりと分かれる。

モニターの仕事だけが、臨床開発の仕事じゃないからね。

でも、「モニター任命試験」に不合格となった、というそのこと事態を乗り越える、そんな心の強さが必要だよ。




資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック