上から降ってきた仕事を広げるための5つのテクニック

(1)そもそもこれってどうなの?と自問自答する

長く続けてうまくいっている仕事ほど、これまでの仕事のやり方でいいのだと思い込んでしまう。

思い込みを取り払うためには、「そもそもこれでいいのか?」という、抜本的に見直す目で仕事のやり方を見つめてみる。

それが「広げる」作業の出発点となる。


(2)成果を生かした応用範囲を想定する

成果が出たら、「この手法がほかの仕事にも応用できないか」と考えてみる。

誰でもすべてうまくいかないということはありえない。

成果が出たらうまくいった理由を考え、それの応用範囲がどこまでなのかを想像してみる。



(3)多くの人に報告する機会をつくる

うまくいったことだけでなく、「こういう仕事を任せられた」ということを、相談というよりも報告すること。

報告する機会を多くつくることで、多くの人の知恵を反映させる機会ができる。


(4)人に伝えて問題点を見つける

どんな仕事であるかを人に伝えることで、頭の中を整理し、ポイントをつかむ。

人に伝えようとするときは、「なぜそうした仕事をしなければならないか」を説明するので、問題点も見つけやすくなる。


(5)いつでも人に語れるように事例化しておく

うまくいったことについて、うまくいった原因は何なのかを常に把握しておくことが重要。

自分の中でマニュアル化しておき、どうしてうまくいったのかをいつでも人に説明できるようにしておく。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック