免疫系を「訓練」、画期的な乳がんワクチンを開発 米研究

2011年12月14日










 抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース
武田薬「ベルケイド」、骨髄腫の死亡リスク抑える効果=研究

ロイター

T: 株価, ニュース, レポート)の多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」について、標準治療との併用療法により、未治療の骨髄腫患者の死亡リスクが31%減少したことが明らかになった。 サンディエゴで12日開かれた米国血液学会の会合で、ベルケイドに関する5年間の追跡 ...



白血病等を救う「臍帯血バンク」レポート

MSN産経ニュース

白血病や再生不良性貧血など、難治性血液疾患の根本的治療のひとつとして利用される臍帯血(へその緒から採れる血液)。米国に多数存在する、民間および公的な臍帯血保管サービスについて紹介。 ラスベガスにある「Cord Blood America」は、米国に多数ある民間の臍帯( ...



免疫系を「訓練」、画期的な乳がんワクチンを開発 米研究

AFPBB News

MUC1は乳がん、すい臓がん、卵巣がん、多発性骨髄腫など、悪性で致死率も高いタイプのがんの70%以上で見られる糖たんぱく質。タモキシフェン、アロマターゼ阻害薬、ハーセプチンなどの抗ホルモン剤が効かないいわゆるトリプルネガティブ乳がん患者の90%で過剰発現する
...



タスマニアデビルの伝染性がん、西部の安全地帯でも確認 豪

AFPBB News

タスマニアデビルの間では、顔面などに大きな腫瘍ができて食物が摂取できずに死に至るがん性の伝染病「デビル顔面腫瘍性疾患(デビルがん、DFTD)」がまん延。既に感染は島内の60%に広がっている。 保護活動にたずさわるハウエル・ウィリアムズ(Howel Williams)氏は9 ...











 その他の病気のニュース
精神刺激薬で睡眠不足時の記憶・判断力が向上―英研究

kenko 100

英インペリアルカレッジ外科学・腫瘍学のColin Sugden講師らは、睡眠不足の医師を対象にナルコレプシーに使われる精神刺激薬モダフィニル(商品名モディオダール)が、こうした疲労による影響を緩和するかどうか調べるための研究を実施。その結果、モダフィニルは限られた ...



【厚労省】睡眠薬で臨床評価ガイドライン

薬事日報

... 国内体制の整備、臨床試験に関する知識の普及、規制当局における医薬品審査体制の整備、GCPの改正等、新薬の開発環境が大きく変化したことを踏まえ、作成された。 ...



急増する逆流性食道炎の意外な原因とは

健康美容EXPO

相対的に日本人の酸分泌が近年増加していることを踏まえても、薬剤による酸関連疾患治療において、酸分泌の的確なコントロールが重要となりつつあるワケだ。 そうした中、H2ブロッカー(ヒスタミン受容体拮抗薬)に代わり、90年代以降、急速に普及しているのが、PPI(プロト ...











臨床試験・治験に関連するニュース
【厚労省】国際水準の臨床研究推進など‐次期がん計画で骨子案

薬事日報

また、日本発の革新的医薬品・医療機器の創出に向け、国際水準のFIH試験や未承認薬を用いた研究者主導臨床試験を実施する施設や、既存薬の組み合わせ等による最適な治療法を見出す臨床研究が実施可能な施設に対し、集中的な財政的支援を行い、その基盤整備と薬事部門の ...










製薬会社、製薬業界の最新ニュース
持田薬、米メルクに糖尿病薬の独占権

朝日新聞

持田製薬<4534.T>は13日、米メルク とライセンス契約を結んだと発表した。持田の2型糖尿病治療薬候補品について、メルクが世界で開発、製造、販売する独占権を取得する。持田広報部によると、同医薬品の開発は初期段階。持田は今回の契約に伴う一時金のほか、同医薬品 ...



iPadで医療の現場を狙うアップルのひそかな計画(その2)

WIRED.jp

現在、米国の食品医薬品局では、医療分野向けのiPadアプリに規制をかけようとする動きがある。Appleは医療分野でのiPad普及を特別な事柄とみなしている。Mistriの存在はそのことを示す証拠といえる。 Appleは、医師たちの間にiPadを普及させるという取り組みをひそかに ...



メビオファーム、スリランカで医薬品開発の合弁設立:日刊工業新聞

メビオファームは7日、スリランカのナワロカホールディングス(コロンボ市)と折半出資で 医薬品の開発を行う新会社を設立すると発表した。2012年1月末までに運営会社「
N&M」を設立。その後2週以内に治験施設支援機関(SMO)事業と医薬品輸入、創薬 ...



扶桑薬品 帯状疱疹後神経痛用薬ブプレノルフィン口腔用貼付剤の申請取り下げ

ミクスOnline

理由は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)から、提出した申請パッケージに関連して追加資料が必要との見解が示されたため。今後、追加試験を実施して資料をそろえた上で再申請する方針。なお、PMDAからの具体的な指摘内容は明らかにしていない。 ...



◆【アスクレップ】台湾CRO関連会社買収へ‐海外事業戦略を加速










医学の基礎研究の最新ニュース
iPS細胞を突破口に網膜再生を臨床へ

キャリアブレイン

視覚障害の原因疾患の一つである「加齢黄斑変性」は、この細胞の機能低下が一因と言われており、移植による機能維持や回復が期待される。 世界で初めてiPS細胞から網膜色素上皮細胞などの作製に成功した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの高橋政代・網膜再生 ...



理研と北大、核内タンパク質「PDLIM2」が自己免疫疾患の ... - goo ニュース

gooニュース。理化学研究所(理研)と北海道大学(北大)は、核内タンパク質「PDLIM2」( ピィーディーリムツー:PDZandLIMdomainprotein2)が、自己免疫疾患を引き起こすT 細胞の過剰な分化の抑制に重.










 一般新聞による健康・科学ニュース
 ▽ひざ半月板を自身の膝の滑膜の幹細胞で再生する方法開発(朝日新聞)

http://www.asahi.com/health/news/TKY201112120508.html





▽日本で新薬開発目指していた国の推進室長が米大学へ移籍(読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51538





▽母親に聞いたインフルエンザ予防接種を受けない理由とは(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111213/bdy11121307440001-n1.htm





▽エベレスト級の登山経験者は抗酸化酵素が通常の6倍(朝日新聞)

http://www.asahi.com/health/news/TKY201112120551.html





  ---------- <福島第一原発関連情報> ----------





▽陸自による飯舘村役場除染作業続行中、あともう1週間(読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=51550


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック