おすすめのビジネス書●行動分析学で社員のやる気を引き出す技術

職場の上司・同僚・部下から顧客の行動まで、心理学の手法で予測・制御する行動分析学。

いま人事マネジメントの分野で注目されている。

本書は行動分析学の基礎から具体的なケース(応用例)をビジュアルに解説する。



様々な手法を使っても、なかなか社員のモチベーションが上がらない。

会社はどんよりとした雰囲気で息苦しい。

業績も低迷している。



いま、多くの会社が直面している厳しい現実…何故なのでしょうか?

上司であるあなた、経営者であるあなたの、考え方がそもそも間違っているのではないでしょうか?

あなたは、社員の行動を本気で「観察」したことがありますか?

「行動の科学」として注目されている心理学、行動分析学。著者は社長時代にこの手法で業績を拡大させました。

あなたも今すぐ、この驚くべき効果を体験してください。




行動分析学について分かりやすく解説しています。

2部に分かれていて、 第1部は「行動分析学の基礎を学ぶ」 第2部は「事例研究」です。


第1部が重要です。(ページも多い)

ここでは、行動分析学の基本的なセオリーを説明しています。

特に、「強化」、「消去」、「弱化」の3つの概念を理解することが、行動分析学の全体理解に欠かせません。

これらの概念を説明するために、チャートがたくさん登場します。

これを眺めながめることにより、 理解が促進されると思います。



行動分析学とは、人の行動の動機付けを科学した考え方で、個人のキャラクターによらず,人の行動をコントロールすることが可能になる技術(考え方)です。

あくまで行動に着目するところが、心理学と異なるかなあと感じます。


個人的に心に残ったのは、60秒ルールとシェイピング等です。

前者は部下を叱ったり、注意するときのコツにつながる提示でした。

実際に使えるヒントが多々ありますので、マネージャー職の方等には一読をお勧めします。


行動分析学で社員のやる気を引き出す技術(アマゾン)





行動分析学で社員のやる気を引き出す技術(楽天)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則、自己啓発の方法を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則、自己啓発の方法を紹介するサイト







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック