新型インフルエンザウイルス検出に期待の新技術が登場

2012年1月27日












 抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース
九大・伊藤准教授 治療薬なかった膵神経内分泌腫瘍の標準薬としてアフィニトールに期待

ミクスOnline

九州大学病態制御内科の伊藤鉄英准教授は1月25日、ノバルティスファーマが開いたミディセミナーで講演し、国内で膵神経内分泌腫瘍(pNET)治療薬として初めて適応を取得したアフィニトールについて、「進行性膵内分泌腫瘍の患者を対象にした過去最大規模のフェーズ3
...



前立腺がん ADTで心血管死リスクの上昇認められず

Medical Tribune (登録)

〔シカゴ〕アンドロゲン遮断療法(ADT)を行った前立腺がん患者で心血管疾患(CVD)による死亡リスクが上昇することがこれまで複数の研究から示唆されていた。



糖尿病と肥満は,乳癌発症のリスクを増大させる| SABCS2011| 学会 ...

スウェーデンLund大学のHåkan Olsson氏らは,糖尿病あるいは60歳以降の肥満が, 乳癌発症リスクを有意に高めるという研究結果を報告した。また同報告では,血清脂質
値が異常に低い場合や,ある種の糖尿病治療薬によっても乳癌の発症リスクが高くなる ...



平成23年度「次世代がん研究戦略推進プロジェクト」次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラムの実施機関等の決定について

文部科学省

文部科学省では我が国のがん研究における優れた基礎研究の成果を、臨床研究へ橋渡しするトランスレーショナル・リサーチ(TR)へと、シームレスに繋げる仕組みを構築することで、医療への応用を加速させ、革新的な診断や治療法などの次世代がん医療の実現を目指す「次世代
...



進行性胆道癌にゲムシタビンとS-1併用はS-1単剤よりも1 - がんナビ

進行性胆道癌において、ゲムシタビンとS-1併用のGS療法の1年生存率はS-1単剤より も高いことが、無作為化フェーズ2試験(JCOG0805)で明らかになった。またフェーズ2
試験の結果から、GS療法とGC療法を比較するフェーズ3試験が計画されている。














 その他の病気のニュース
新型インフルエンザウイルス検出に期待の新技術が登場

理化学研究所

さらにインフルエンザ治療薬の「タミフル」に耐性のウイルスや新型変異ウイルスの検出にも対応可能です。実際の医療現場でのRT-SmartAmp法の有効性を検証するため、千葉県と東京都の医療機関・地域診療所の協力を得て臨床試験を行いました。広く使われている簡易検査
...



稀少疾患とは | 稀少専家 稀少・難治性疾患情報サイト

患者数が極めて少ない稀な疾患とされている稀少疾患。稀少専家は、グラクソ・スミス クライン株式会社運営の患者さんと医療関係者に情報をお届けするための情報サイト
です。



18日付の承認新薬‐世界初のRANKL抗体が登場|薬事医療業界 ...

18日付の承認新薬‐世界初のRANKL抗体が登場 バイエル薬品、第一三共、MSD、 エーザイ、アステラス製薬、グラクソ・スミスクライン、千寿製薬、武田薬品、塩野義製薬
、佐藤製薬、帝人ファーマ、大塚製薬.



2012年スローガン最優秀賞&入選作品 - 日本生活習慣病予防協会

また、ご応募いただきましたすべての皆様に心より御礼申し上げます。 下記、入選作品 を、ぜひ、皆様の職域や生活の啓発活動にご活用ください。(ご使用の際は、出典:日本
生活習慣病予防協会 「全国生活習慣病予防月間スローガン2012」 を明記の上、ご ...



低用量アスピリンによる心血管疾患の初発予防効果は期待はずれ ...

これに対し、既存の疾患の再発や悪化を回避する二次予防としては、今後も低用量 アスピリンを利用すべきであると専門家らは述べて ... 米ニューヨーク大学ランゴン
LangoneメディカルセンターのJeffrey Berger博士は「明らかな心血管疾患のない患者 に対する ...













臨床試験・治験に関連するニュース
【治験を考える】(1)ドラッグ・ラグ

産経関西

... がはらわれ、治験の科学的な質やデータの信頼性を確保するために国が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP省令)を遵守して行われている。













製薬会社のニュース、製薬業界の最新ニュース・医学ベンチャーのニュース
Android対応の医療用医薬品検索アプリ「添付文書Pro for Android」がリリース

ミクスOnline

月間500万人が利用する日本最大級の病院検索サイトや医薬品検索サイトなどを運営するQLife(キューライフ)はこのほど、Android対応の医療用医薬品検索アプリ「添付文書Pro
for Android」をリリースしたと発表した。MRを含む医療関係者が無料で利用できる。



ブロックバスター薬の特許期限切れが、ジェネリック製薬会社に利益をもたらす [株式会社グローバルインフォメーション]

朝日新聞

株式会社グローバル インフォメーションは、フロスト・アンド・サリバンが発行した報告書「Generic Pharmaceuticals Market
- A Global Analysis (世界のジェネリック医薬品市場)」の販売を開始しました。 世界のジェネリック医薬品市場は、今後5年間に大きく成長する
...



OTSが急騰、仏での順調な臨床試験経過を材料視(モーニングスター ...

バイオベンチャーのオンコセラピー・サイエンス(OTS) <4564> が急騰し、一時2万 7800円高の14万1000円まで買われる場面があった。
... [ 記事全文(VIP倶楽部で ログイン) ]. 月額2079円(税込)のVIP倶楽部をご利用いただくと、すべての記事をご覧 ...



OTC薬協 12年度活動方針、予防訴求などで「OTC枠拡大」 | 日刊薬業 ...

日本OTC医薬品協会は23日、都内で開催した記者会見で2012年度の活動方針を発表 し、セルフメディケーション普及に向けた4つのテーマを掲げた。「OTC医薬品枠の拡大」
や「OTC医薬品の税制控除の実現」に注力。このほか、「薬育教育支援」や「軽医療 ...



【日医工】サノフィと共同開発‐レミケード後続品で合意

薬事日報

また、原薬はエイプロジェンから調達し、製造は韓国のバイオ医薬品製造施設「KBCC」で行う。承認取得後は、エイプロジェンから製品を輸入し、国内で販売する。ただ、単独で販売するか他社と共同販売するかについては「協議中」としている。
by weblio.













医学の基礎研究の最新ニュース・新薬の基礎研究の最新ニュース
理研、インフルエンザを40分で検出できる技術を開発

マイナビニュース

研究グループが開発したRT-SmartAmp法は、「等温DNA増幅法」である「SmartAmp法」と「逆転写酵素反応」を組み合わせることで、インフルエンザウイルスなどのゲノムRNAにコードされた遺伝子を特異的に検出する方法だ。
SmartAmp法とは、理研オミックス基盤研究領域が開発 ...



ES細胞由来の細胞、新薬開発実験用キットに 東工大が提供へ :日本 ...

東京工業大学の赤池敏宏卓越教授はマウスの胚性幹細胞(ES細胞)などから作った 肝臓や心臓、神経の細胞を実験に使いやすいキットとして国内外の研究者に提供する
計画だ。部品メーカーなどと組み、製品化を目指す.



iPS、脳で神経機能 京大が初確認、治療へ期待 : 京都新聞

従来の薬剤などによる治療では神経細胞の減少を防ぐことはできず、神経細胞を補う 治療法の開発が期待されており、iPS細胞も候補になって ...
iPS細胞の移植治療への 応用では、慶応大の岡野栄之教授のグループが、物理的に脊髄損傷を起こした霊長類 の



◆【12年度日本国際賞】イマチニブ開発の3氏が受賞
















 一般新聞による健康・科学ニュース
▽金曜入院と月曜退院が多い病院の入院基本料減額の方針(朝日新聞)

http://www.asahi.com/health/news/TKY201201250784.html





▽iPS由来の細胞をサルの脳に移植、ドーパミン分泌成功(読売新聞)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53480





▽日本ではヒトの卵子使う新型万能細胞を当面作製せず(朝日新聞)

http://www.asahi.com/health/news/TKY201201250677.html





▽iPS細胞で有害タンパク質蓄積など脳の神経細胞の病状再現(産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120126/scn12012609200001-n1.htm





  ---------- <東日本大震災関連情報> ----------





▽被災3県沿岸部の子ども対象、インフル予防接種費用助成(毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/science/news/20120126ddm012040035000c.html
 架空の製薬会社の物語「ホーライ製薬」の物語はここをクリック!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック