僕たちには『ビートルズ』がいなかったけれど、『サザンオールスターズ』がいた。

サザンオールスターズ(SAS)がデビューして今年で33年だ。
   ↓
http://www.asahi.com/showbiz/column/harayuko/TKY201107030104.html

「学生バンド」としてデビューしたSASも、孫がいるおじいちゃんメンバーが2人もいる。

昨年は、桑田佳祐の食道ガンというショッキングなこともあったが、どうやら元気でやっているらしい。

「イロモノ」としてデビューしたSASはその後、「エロチック路線」と「バラード路線」をうまく、使い分けながら常にトップを走ってきた。

凄いと思う。


ちなみに僕が大好きなSASの歌は桑田が歌っていない「松田の子守唄」。(無性に泣ける。)
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AlV8RbHzf1w


「松田の子守唄」は下記のアルバムに入っている。


バラッド '77~'82
(アマゾン)

バラッド’77~’82/サザンオールスターズ サザンオールスターズ(楽天)


SASとともに青春を過ごし、SASと一緒に歳をとり、桑田と一緒に中年になる。

それが同時代に一緒に過ごした特権だ。


あたなの「ビートルズ」はSASですか?

それとも?

ちなみに我が家の娘だちにとっては「嵐」であり「SMAP」だ。

一緒に人生を伴走してくれる音楽がある、というのは人生の至宝だね。




資格人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

"僕たちには『ビートルズ』がいなかったけれど、『サザンオールスターズ』がいた。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント