水をのむ猫の小舌や秋あつし

初秋の俳句:季語『残暑』


口紅の玉虫いろに残暑かな  蛇笏


水をのむ猫の小舌や秋あつし  秋声


残りたる暑さも今はちりぢりに  瓜人


秋あつし鏡の奥にある素顔  信子


朝夕がどかとよろしき残暑かな  青畝



★俳句入門のブログ
  ↓
http://horai-hollow.seesaa.net/





"水をのむ猫の小舌や秋あつし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント