坂崎幸之助もMr.マリックも言っていた

成功している人は、やっぱり努力している。

ラジオで「ギター小僧」のというか「THE ALFEE」の坂崎幸之助に対して、聴衆者から悩み相談があった。

その悩みは「最近、ギターを始めたのですが、コードのFをうまく押さえることができません。こつを教えてください。」というものだった。

それに対して坂崎幸之助はこう答えた。

「まず、毎日7時間以上、練習してください。それで一か月たってもFを押さえられなかたったら、またメールください。」と。

これまた、ラジオで超魔術の「Mr.マリック」が学生の質問に答えていた。

学生からの質問「どうやったら、マリックさんみたいにマジックが上手くなれるのでしょう?」

Mr.マリックの答え「24時間、練習してください。トイレでも映画を観ながらでも、電車の中でも指を無意識に動かすことができるように。」

そうなのだ、一流のプロは才能ではなく、努力で、今の立場を築いている。

弱音を吐くのは血が出るまで練習したあとにしようね。


"坂崎幸之助もMr.マリックも言っていた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント