4700万人が苦しんでいるという“ロコモ”を克服した85歳医師

 ■下記のニュースのほとんどを僕のツイッターでフォローしています■



follow me


 ■抗がん剤、ガン、癌、がんの治療に関するニュース
後発薬各社、抗がん剤本格発売 生活習慣病薬の特許切れ減少 :日本 ...

後発薬メーカー各社が抗がん剤事業を本格化する。日医工と沢井製薬が年内にも 乳がんの後発薬を売り出すほか、富士製薬工業は2014年にも前立腺がんの後発薬を
発売する。それぞれ2~3年後に年間100億円の売.



asahi.com:臨床試験(1)新治療法の効果比較し検討-マイタウン静岡

「樹状細胞療法」のニュースを見た患者さんから、あの治療を受けたい、という申し出が ありました。樹状細胞療法とはがん免疫療法の一つで、2010年に米国で、前立腺がん
の免疫療法としては世界で最初に認可され.



体内に存在する自然の抗癌物質を発見

おはよう大徳!

教育科学技術省(イ・ジュホ長官)とソウル大学校医学バイオコンバージェンスグローバルフロンティア事業研究団(キム・ソンフン団長)は人体内に存在する「GRS」という物質が癌細胞を死滅させる現象を世界で初めて発見したと2月20日に発表した。
これまでGRSは正常な細胞内で ...



Diffusion Pharmaceuticalsが新しい原発性脳腫瘍治療薬TSCの臨床 ...

ビジネスワイヤ) -- Diffusion Pharmaceuticals LLCは本日、膠芽腫またはGBMとして も知られている新規診断原発性脳がんの第一選択薬として、当社の主力医薬品候補
トランスクロセチン酸ナトリウム(TSC) を調べる臨床試験への患者組み入れを開始した と ...



遺伝子の解明により、患者により適切な治療薬が増える:抗がん剤治療 ...

その1つとして発表されたのが、悪性黒色腫の治療薬、ベムラフェニブ(一般名)の効果 だ。標準療法であるダカルバジン(一般名も同様)と比べて、初めて進行した悪性黒色腫
患者の生存率を改善したことが明らかになった。 悪性黒色腫患者の約半数はBRAF ...
 ■その他の病気のニュース
局所皮膚科用薬の使用者数,10年で半減も総額は変わらず

Medical Tribune (登録)

米医療研究・品質管理局(AHRQ)は,2月のstatistical briefで,米国の処方せんによる局所皮膚科用薬の使用者数は1999年の4010万人から2008年には1990万人にまで半減したが,薬剤費はほぼ30億ドルのままで変わらなかったとの調査結果を報告している。



4700万人が苦しんでいるという“ロコモ”を克服した85歳医師

NEWSポストセブン

医薬品の認可を受けたのち食品として認められた新成分だ。 シトルリンは、炎症ケア成分として話題の「非変性II型コラーゲン」や神経系のケアとして神経細胞を修復する働きをもつ「ビタミンB12」や骨量増加をサポートする「卵黄ペプチド」などと複合することによって、昨日
...



京大 食事性肥満の原因遺伝子を脂肪センサ「GPR120受容体」と確認

関西学生報道連盟(UNN)

京都大は2月20日、フランスを中心とする欧州のゲノム解析センターと共同で、この脂肪酸センサー分子の肥満患者におけるゲノム解析研究を行い、脂肪センサーGPR120が
...



「うつ」誘発、たんぱく質特定…新薬開発に期待 - BIGLOBEニュース

「うつ」誘発、たんぱく質特定…新薬開発に期待‐愛知県心身障害者コロニー発達障害 研究所(春日井市)は、体内のたんぱく質の一種に、恐怖や不安の増幅、ストレスによる
活動低下など、うつ症状を誘発する働きがあることを.



コーヒーに認知症の予防効果 - 注目ニュース:@niftyニュース

niftyニュース 公私ともにダメンズに囲まれて、負荷がますます増える日々。「男なんか より、よっぽどコーヒーのほうが役立つわ」とタメ息をつきたくなることがありますよね。
目覚めの一杯、仕事中の一杯、ランチ後の一杯、くつろぎ…



米国】 アルツハイマー病研究を強化、25年までに治療法開発 [02/08 ...

アルツハイマー病研究を強化=25年までに治療法開発−米 米政府は7日、認知症 として知られるアルツハイマー病の治療研究を強化するため、 同病の研究費を2012
年度と13年度の予算で計1億3000万ドル(約99億円)増額 する計画を発表...,に ちゃんねる ...



実は間違っている5つの健康神話 / 寒いから風邪をひくなど – ロケット ...

By ロケットニュース24編集部

2012年2月20日 「お茶で薬を服用してはならない」など、健康に関する逸話や神話は山ほどあれど、その科学的根拠はあまり聞いたことが無い。実践して効いたかといえば、「そんな気がする」という程度ではないだろうか。今回ご紹介する5つの健康神話は、多く
...



今年の「世界希少・難治性疾患の日」(2月... | Facebook

今年の「世界希少・難治性疾患の日」(2月29日) キーメッセージは'Solidarity(団結、 連携)です。稀少疾患患者やその家族、また医療従事者などの関係者は共通



ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎の疾患啓発ウェブサイト ...

ベーチェット病は1937年にトルコのイスタンブール大学皮膚科Hulsi Behçet教授が報告 した疾患で、口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つを
主症状とする慢性の全身性炎症性疾患です。いまだ原因不明で根本的な治療法は ...



アレルギー専用薬「ザジテン AL」シリーズから高粘度タイプの点鼻薬が発売

マイナビニュース

OTC医薬品としては、2011年11月に「ザジテン AL点眼薬」が第2類医薬品に変更になり、「ザジテン AL鼻炎カプセル」も含め、内服・点鼻・点眼の3タイプ全てがドラッグストアで購入可能となっている。
ザジテン AL点眼薬は、花粉・ハウスダストなどによる目のかゆみ、目の ...
 ■臨床試験・治験に関連するニュース
健康的ライフスタイルと心血管疾患;日本人の大規模コホート研究から ...

カテゴリ:虚血性心疾患. コメント(0件). 2012年02月16日 22:32. 心房細動は一休みして、 日本人のライフスタイルと心血管疾患の関係についてのコホート研究でも.
European ... 脳卒中、冠動脈疾患、心血管疾患発症率は7-8点のひとで、0-2点の人の1/3(男性)から1/ 4(女性) ...



先進医用ブタの開発と前臨床研究拠点形成プロジェクト 第2回公開シンポジウム

産業技術総合研究所

第2回となる今回は、特に(1)医用ブタとしてのモニタリングと応用性、(2)医用ブタとしての遺伝子改変ブタの開発、(3)医工学手法を用いたブタ細胞を用いた再生医療、(4)医用ブタを用いた前臨床移植研究、(5)Translational
Research から応用へ、を題材とした講演 ...



治験コーディネーター(CRC)と治験モニター(CRA)の仕事にとても興味が ...

治験コーディネーター(CRC)と治験モニター(CRA)の仕事にとても興味があります。 医療業界での経験も知識がないと、就職は難しいものでしょうか?
 ■製薬会社のニュース、製薬業界の最新ニュース・医学ベンチャーのニュース
生薬・漢方の新自主基準‐PIC/Sと整合図る

薬事日報

欧州等38カ国による「医薬品査察協定及び医薬品査察協同スキーム」(PIC/S)の加盟を目指す厚生労働省は、日本製薬団体連合会が作成した「生薬及び漢方生薬製剤の製造管理及び品質管理に関する基準」を、医薬食品局監視指導・麻薬対策課による16日付の事務連絡で都道府県
...



【医薬ランキング2011注目トピック7】コントラクトMR数

ミクスOnline

また、調査当時は、人数非開示だったファイザーだが、エスタブリッシュ医薬品事業部門で100人以上の単位で採用、活動していることが分かっている。
CMR数は年々増えているが、採用か否かを非開示が17社。採用数非開示も大手・準大手含め7社ある。CMRの活用は戦略的側面が ...



第一三共、インド中堅医薬品メーカーの買収交渉か (インド新聞 ...

Yahoo!ニュース(インド新聞) - 第一三共がインドの中堅医薬品メーカー3社の買収に 向け、交渉に入ったことが分かっ.



ベーリンガーインゲルハイム、「Lean-to-Clinic」プログラム導入により ...

2012年1月26日ドイツ/インゲルハイムベーリンガーインゲルハイムは1月26日、 バイオ医薬品細胞株開発技術を拡張し、バイオ医薬品原薬を、13カ月という短期間、
かつ低価格にて提供することが可能となりま...



「小児を向精神薬漬けに......」業界中が結託し肥大し続ける医療ビジネスの闇

日刊サイゾー

医療業界の仕事は学者に病気を認定させ、医者にそれを診断させる、そして薬を買ってもらう。このサイクルをたくさん増やすことなので」 こう答えるのは、製薬会社の営業マンだったこともある元薬剤師だ。TPPを含めた医療制度の行く末には不安が多いが、現状でも「ずさんな
...



アンジェスMG株式会社/【急募】マーケティングマネージャーの求人情報 ...

2008年に承認・収載された希少疾病であるムコ多糖症VI型用医療用医薬品(商品名: ナグラザイム)に関するマーケティング活動の他、疾患や治療法啓発のための
プログラムについてMRと協力して立案し実行します。一般的なマーケティング業務以外 に、本 ...



Gilead社が抗ウイルス薬の売上高において首位

News2u.net (プレスリリース)

株式会社グローバル インフォメーションは、カロラマ・インフォメーションが発行した報告書「World Market for Anti-Infectives
(Antifungals, Antibacterials and Antivirals) (抗感染症薬の世界市場(抗真菌薬、抗菌薬、抗ウイルス薬))」の販売を開始しました。



11年医薬品売上高、トップはアリセプト

キャリアブレイン

医薬品市場調査会社のIMSジャパンがこのほどまとめた2011年の市場統計によると、エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトが1442億円(前年比14.9%増)を売り上げ、初めて国内医療用医薬品の年間売上高のトップとなった。同薬は昨年1-3月に、四半期ベースで
...



◆【厚労省】製造委託先のGMP不適合‐ヤンセンに改善命令

 医学の基礎研究の最新ニュース・新薬の基礎研究の最新ニュース
株式会社森永生科学研究所【森永製菓グループ/免疫測定キットの研究 ...

BtoBビジネスなので、普段の生活で製品を直接目にすることはありませんが、確実に 人々の生活を支えています。今後ますます重要視されるライフサイエンス分野を担う
企業として、これからも成長する可能性を持っています。今は小粒な会社ですが、会社 と共に ...



日経バイオテク2月13日号「キーパーソンインタビュー」、文部科学省研究 ...

文部科学省研究振興局ライフサイエンス課は、大学・公的研究機関を中心とする日本の アカデミックなバイオ研究の旗振り役だ。がんや感染症などさまざまな病気の原因解明
や、創薬・新しい医療の実現を目指し、基礎的な研究開発を進める。



気になる出来ごと:ウシの幹細胞から作った世界初の「人工肉」

ウシの幹細胞から作った世界初の「人工肉」. ウシの幹細胞から作った世界初の「人工 肉」が作られる! オランダ・マーストリヒト大学生理学部長を務めるポスト氏が米国科学
振興協会の年次総会で発表した。 肉を完全に模倣した骨格筋組織を研究室で製造する ...



新しい軽度認知障害の診断基準が医療現場に混乱もたらす 海外ニュース ...

小規模研究で黄斑変性に対するヒト胚性幹細胞治療に成功. 眼疾患の黄斑変性 に対するヒト胚性幹細胞(hESC)を用いた治療は安全であり、これにより視力がいくらか
改善する可能性が、小規模な初期段階の研究で示された。ただし、研究者らは、今回の 研究 ...



iPS細胞など先端医療、実用化早く 厚労省が新基準

日本経済新聞

厚生労働省は新型万能細胞(iPS細胞)など日本での先端的な医療研究を早く実用化するため、国内15~20の大学や研究所と2012年度中に連携し、有望な技術ごとに審査・承認する基準をつくる。企業が臨床研究(治験)に着手しやすくして医薬品や医療機器の開発力を高める。



お知らせ(過去掲載分) | 文部科学省 iPS細胞等研究ネットワーク iPSTrend

By Waseda-Editor

文部科学省iPS細胞等研究ネットワークが運営する、最新トピックス、研究者へのインタビュー、知的財産権および研究成果についてなど、iPS細胞等に関する最新の情報を提供する総合サイトです。



iPS細胞再生医療推進室を設置しました - CiRA - 京都大学

山中伸弥教授が所長を務める京都大学 iPS細胞研究所では、iPS細胞作製技術を用い て創薬、新しい治療法の開発、病気の原因の解明や再生医療への応用を実現するため
の研究を行っています。



ニュース - 多能性幹細胞安全情報サイト

日本発 iPS細胞を用いた再生医療の実現に向けて. 多能性幹細胞 ...



Vol.23(2012年2月16日配信)|東京女子医科大学 グローバルCOE ...

東京女子医科大学 グローバルCOE「再生医療本格化のための集学的教育研究拠点」. Japanese; /; English ... まだ、再生医療などという言葉がないころから、医工学の重要
性に着目し、バイオマテリアルの世界を支えられてきた先生です。今回は、その第二話 ...



理研、日本人を含む東アジア人特有の肥満指標BMIに関わる新規遺伝子を発見

マイナビニュース

成果は、理研ゲノム医科学研究センター循環器疾患研究チームの田中敏博チームリーダー、統計解析研究チームの岡田随象客員研究員らの研究グループによるもので、論文は同定した新規遺伝子に関する内容と大規模解析に関わる内容の2報があり、科学雑誌「Nature
Genetics」 ...
  ■一般新聞による健康・科学ニュース
国保料払えず無保険による死亡者昨年67人、中高年男性最多(毎日新聞)



産科医療補償制度、補償対象252件のうち損害賠償請求18件(読売新聞)



病気や事故で失った体の一部を人工的に作るエピテーゼ(毎日新聞)

  ---------- <福島第一原発関連情報> ---------



福島県住民約1万人の外部被曝線量、20mSv超は2人(朝日新聞)

■架空の製薬会社の物語「ホーライ製薬」の物語はここをクリック!
■「日刊:モニターとCRCのためのGCPメルマガ(日刊、携帯・パソコン用)登録はこちら」
■「週刊・モニターとCRCのためのGCPメルマガ」の登録はこちら

"4700万人が苦しんでいるという“ロコモ”を克服した85歳医師" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント