テーマ:面白い本

あたりまえだが、人の話をしっかりと聞く(でもできていない人が実に多い。)

こんな格言がある。 「敗者は自分がしゃべる番が来るまで待っているだけだが、勝者は人の話をよく聴く。」 人の話をよく聴くことは、コミュニケーションの基本中の基本だ。 ところが、このルールはほとんど守られていないというのが現状だ。 多くの人は相手の言っていることを聞き流し、相手が伝えようとしているメッセージを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白い本ベスト1の三部作●「羊をめぐる冒険」村上春樹

野間文芸新人賞受賞作。 1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月北海道発。 あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。 その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。 北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白い本ベスト1の三部作●「1973年のピンボール」村上春樹

僕たちの終章はピンボールで始まった。 雨の匂い、古いスタン・ゲッツ、そしてピンボール……。 青春の彷徨は、いま、終わりの時を迎える。 さようなら、3(スリー)フリッパーのスペースシップ。 さようなら、ジェイズ・バー。 双子の姉妹との<僕>の日々。 女の温もりに沈む<鼠>の渇き。 やがて来る1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの面白い本ベスト1の三部作★「風の歌を聴け」村上春樹

村上春樹の初期の「僕とねずみの三部作」 ●「風の歌を聴け」村上春樹 村上春樹のデビュー作 1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。 僕たちの夢は、もう戻りはしない。 群像新人賞を受賞したデビュー作 1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繰り返し読みたくなる本、小説を持っていると長旅も楽しい。

新幹線の中で、以前、読んだことがあったけれど、ストーリーが面白いので、結果を知っていながら、また、最初から読み始めた。 小説を2回以上、読むことは結構、ある。 1回目で気づかなかった「伏線」などが分かって、それそれで面白い。 今回、持ってきた小説は「悪の教典」・・・・いろんな意味で怖い小説です。 ●悪の教典 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にその人生でいいの?的おすすめの本★『人生を逆転する名言集』

『熱い三流なら上等よ』などと言った名言・至言・格言・人生の真実が集められた言葉。 ここに載っている言葉たちは「福本伸行」が描いた漫画の登場人物が吐いた言葉を集めてある。 「福本伸行」はギャンブルの漫画が多いのだが、ギャンブルは濃縮された人生なので、人生を言い当てているセリフが多い。 たとえば・・・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生について考えてみたいときにおすすめの小説★『四日間の奇蹟』(浅倉 卓弥)

・・・・・・泣けました。 第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラー。 脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの徹夜覚悟の本★フィリップ・マーロウという生き方

おすすめの徹夜覚悟の本★フィリップ・マーロウという生き方★『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラー (著)、村上 春樹 (翻訳) 私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。 あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。 何度か会って杯を重ねるうち、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傑作警察モノのお勧め小説★スウェーデンの最高傑作警察物語「笑う警官」シリーズ

『笑う警官』(マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー) 僕がこの「マルティン・ベック」シリーズを知ったのは高校2年の夏だった。 旺文社の「高2時代」という本で紹介していた。 スウェーデンのおしどり夫婦が二人で書いている警察物語。 最終的には10巻になり、10年間のスウェーデンの歴史ものにもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメの大冒険小説●『虎口からの脱出』(景山 民夫)

景山民夫は大好きな作家、エッセイストだった。 最後は事故死(?)的なガス中毒で亡くなった。 エッセイも小説も大好きだった。 80年代、ビートたけし達とテレビのバラエティー番組でふざけていたイメージが強かった景山民夫。 これがもう、面白いのなんの。 国内の冒険小説では久しぶりに、寝る間も惜しんで一気読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れゆく時を忘れたい時におすすめの本★『テンペスト』(池上 永一 )

美と教養と見栄と意地が溢れる珊瑚礁の五百年王国は悩んでいた。 少女まづるは憧れの王府を救おうと宦官と偽り行政官になって大活躍。 しかし待ち受けていたのは島流しの刑だった――。 見せ場満載、桁外れの面白さ! 珊瑚礁王国の美少女・真鶴は性を偽り、宦官になる―。 前人未踏のノンストップ人生劇場。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮部みゆきのお勧め本★『おそろし 三島屋変調百物語事始』

17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。 ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。 そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。 おそる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ほのぼの切ないお勧め小説●『気をつけ、礼。』(重松 清)

僕は、あの頃の先生より歳をとった―それでも、先生はずっと、僕の先生だった。 受験の役には立たなかったし、何かを教わったんだということにさえ、若いうちは気づかなかった。 オトナになってからわかった… 画家になる夢に破れた美術教師、ニール・ヤングを教えてくれた物理の先生、怖いけど本当は優しい保健室のおばちゃん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オススメのミステリィ●死ぬのは1年だけ待って●『チェーン・ポイズン』(本多 孝好)

あと1年。 死ぬ日を待ち続ける。 それだけが私の希望――。 かりそめに生きることは、もうできない。 選んだのは「死」。 一方で、不思議な自殺の連鎖を調べる記者。 そこに至るただひとつの繋がり。 「生」の意味を現代に投げかける、文句なしの最高傑作! 誰にも求められず、愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の感受性くらい自分で磨け●茨木のり子詩集『おんなのことば』

ポケットに入る詩集なのに、その中身には人生が凝縮されている。 決して難しい言葉や表現を使ってないのに、何故か、新鮮な言葉。 決して世間に媚びず、前向きに人生を凝視している。 背筋を伸ばして凛としている言葉たち。 冒頭の「自分の感受性くらい」を読むと、頭をガーンと叩かれた感じになる。 『自分の感受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろんな意味で重たいがお勧めの本●『決壊』(平野 啓一郎)

2002年10月全国で犯行声明付きのバラバラ遺体が発見された。 容疑者として疑われたのは、被害者の兄でエリート公務員の沢野崇だったが……。 〈悪魔〉とは誰か? 〈離脱者〉とは何か? 止まらぬ殺人の連鎖。明かされる真相。 そして東京を襲ったテロの嵐!“決して赦されない罪”を通じて現代人の孤独な生を見つめる感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、生活がすさんでいませんか?●お勧めの青春群像小説●『風が強く吹いている』(三浦 しをん)

2001年の正月、酩酊しつつテレビを見ていた三浦しをんの脳内に天啓のような閃きが駆け抜けた。 「箱根駅伝いいっす。これは小説になる!」 以来、駅伝経験者を訪ね、H大とD大に取材を申し込み、早朝の練習や高原の夏合宿に随行、記録会や予選会を見学、そして、もちろん正月は「箱根」へ、と徹底取材を敢行。 構想・執筆6年、ここに本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風になれ!●オススメの感動小説●『一瞬の風になれ』(佐藤 多佳子)

これまた、僕にドンピシャの小説。 僕は中学生の頃、陸上競技の100mと三段跳び、400mリレーをやっていた。 この『一瞬の風になれ』は高校生の陸上への、そして人生へのひたむきさを見事を描いた作品になっている。 あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風になれ!●オススメの感動小説●『一瞬の風になれ』(佐藤 多佳子)

これまた、僕にドンピシャの小説。 僕は中学生の頃、陸上競技の100mと三段跳び、400mリレーをやっていた。 この『一瞬の風になれ』は高校生の陸上への、そして人生へのひたむきさを見事を描いた作品になっている。 あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラストシーンが最も衝撃的な漫画とは?●僕らの世代の男性(女性)なら

僕ら50代が子どもの頃、『スポ根』漫画がはやった。(スポーツ根性漫画) 根性を抜きにしてもスポーツがテーマの漫画が多かった。 『巨人の星』(野球)、『タイガーマスク』(プロレス)、『サインはV』(バレーボール)、『エースを狙え』(テニス)・・・など等。 そんなスポーツの漫画の中、主人公の『生き方』まで少年、少女に見せつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、生活がすさんでいませんか?●お勧めの青春群像小説●『風が強く吹いている』(三浦 しをん)

2001年の正月、酩酊しつつテレビを見ていた三浦しをんの脳内に天啓のような閃きが駆け抜けた。 「箱根駅伝いいっす。これは小説になる!」 以来、駅伝経験者を訪ね、H大とD大に取材を申し込み、早朝の練習や高原の夏合宿に随行、記録会や予選会を見学、そして、もちろん正月は「箱根」へ、と徹底取材を敢行。 構想・執筆6年、ここに本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生が熱くなるお勧めの本●『ボックス!』(百田 尚樹)

高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。 二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち......。 様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!? 『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだ百田尚樹が、移ろいやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろんな意味で重たいがお勧めの本●『決壊』(平野 啓一郎)

2002年10月全国で犯行声明付きのバラバラ遺体が発見された。 容疑者として疑われたのは、被害者の兄でエリート公務員の沢野崇だったが……。 〈悪魔〉とは誰か? 〈離脱者〉とは何か? 止まらぬ殺人の連鎖。明かされる真相。 そして東京を襲ったテロの嵐!“決して赦されない罪”を通じて現代人の孤独な生を見つめる感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の感受性くらい自分で磨け●茨木のり子詩集『おんなのことば』

ポケットに入る詩集なのに、その中身には人生が凝縮されている。 決して難しい言葉や表現を使ってないのに、何故か、新鮮な言葉。 決して世間に媚びず、前向きに人生を凝視している。 背筋を伸ばして凛としている言葉たち。 冒頭の「自分の感受性くらい」を読むと、頭をガーンと叩かれた感じになる。 『自分の感受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人々が消え始めている●お勧めのSF小説●宇宙が数学で表せることの不思議さ、あやうさ●エッジ(鈴木 光

人が消えていく―それは長野、新潟、カリフォルニアで相次ぎ起こった。 誘拐、家出、神隠し、いやそれとも… 調査をはじめたフリーライターの冴子は未曾有の世界的変異を嗅ぎとる。 彼女の父もまた18年前に忽然と消息を断っていた―。 「リング」シリーズ以来10年ぶりに解かれた封印。超野心的ホラー小説最終形。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖くても徹夜するほど面白い小説●ホラーの金字塔●リング、らせん、ループ、バースディ(鈴木光司)

ゴールデンウイークはこれで決まりだ!! 同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。 雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。 ―そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている。 少年たちは、これを見た一週間後に死亡している。 浅川は、震える手でビデオをデッキに送り込む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの本・小説●“泣ける”感動作●八日目の蝉(角田 光代)

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。 東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。 偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。 心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。 第二回中央公論文芸賞受賞作。 もとは’05年11月から’06…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの本・小説●人生に疲れたら、ちょっといいよ●阪急電車(有川浩)

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。 片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。 乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。 恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。 ほっこり胸キュンの傑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more