テーマ:人生

自分のしたいことを躊躇せずにする

私たちは成長する過程で、他人の意見をすごく気にするようになる。 その原因は、親や学校の先生から「ヒトからどう言われるか、あるいはどう思われるかを考えなさい」と言われ続けたことにある。 こうして、他人からどう思われるかを優先課題にするようになった。 その結果、他人からどう思われるかを重視するあまり、自分のための生き方では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自分のしたいことを躊躇せずにする

私たちは成長する過程で、他人の意見をすごく気にするようになる。 その原因は、親や学校の先生から「ヒトからどう言われるか、あるいはどう思われるかを考えなさい」と言われ続けたことにある。 こうして、他人からどう思われるかを優先課題にするようになった。 その結果、他人からどう思われるかを重視するあまり、自分のための生き方では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せになろう

リアルの会社の今年の標語は「幸せに生きよ」だ。 僕たちは、自分を幸せにしてくれる人を、つい探し求めてしまう。 でも、それは外的なことだから、なかなかうまくいかない。 それよりも、誰かに幸せにしてもらうのではなく、自分で責任を持って幸せになろう。 よい人間関係を築きたいなら、まずは自分自身との関係に意識を向ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交渉術の研修プログラムを作っていて気づいた「人生の究極の選択」

交渉術の研修プログラムを作っているけれど、分量が多すぎて、どこで切り上げて、研修用プログラムにするかを思案中。 この本を使って、研修プログラムを作っています。    ↓ ●決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術(アマゾン) ●決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術(楽天) ハ-バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結果は嘘をつかない」は真実だ

治験活性化ポスト5ヶ年計画だろうと、僕の昨年5月に立てた目標(MBO)だろうが、あなたが掲げた目標だろうが、「結果は嘘をつかない」。 あまり考えたくないし、厳しい現実から逃避したくなるが、これは真実だ。 どんな問題があろうが、どんな事情があろうが、どんな言い訳を考えようとも、「結果は嘘をつかない」。 だから、結果を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組織で仕事をするということ。(私は、即、実行する社員です。)

何かいい案が思いついたとしても、それをすぐに実行できない(させない)組織というものがある。 たとえば、関係者に根回ししないといけないとか、「上を通して頼まないとだめ」とか。 今は、そんな悠長なことでは時代に置いていかれる。 だから、そんな時はどうするかというと、いいと思ったら、即、実行するのだ。 「私は、即、実行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分には力がないという思い込みを捨てる

興味深いことに、多くの人は次のように考えている。 ●人生で欲しいものを手に入れていない ●いつも不満を抱えている ●他の人に強い怒りを感じている ●人生が思い通りにならず、何をしても失敗すると感じている さらに、そういう人には次のような口癖がある。 「それは自分のせいではない」 「自分にはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「成功」は無かったことにしよ!

他社や他業種の方と意見を交わすことは視野が広がっていい。 ただ、そのためには何事からも吸収しようという意識が大切だけれどね。 ひとつの会社に長くいると知らず知らずのうちに(僕も)、その会社の風土に染まっていく。 いわゆる「ぬるま湯」ということになっていく。 だから、僕は転職を繰り返している。 「成功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイオニアにはパイオニアとしての喜びがある

ダルビッシュが大リーガーに移籍する記者会見をやっていた。 今でこそ、大リーガーに行くこと自体は、それほど珍しいことではなくなった。 イチローのように活躍している人もいるしね。 でも、それもこれも、「野茂」のおかげだ。 最初に「野茂」が大リーグに移籍したことがダルビッシュに繋がっている。 野茂がパイオニアとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やり遂げる人の法則●成功者になることを選ぶ

自分の人生に責任を持てば自尊心が向上する。 自分の人生の主導権を握っているのは自分であることが実感できるからだ。 業績をあげる人に共通しているのは、人のせいにしないことだ。 あなたは本当に成功したいだろうか? もしそうなら、自分の問題を人のせいにしないと誓うべきだ。 30年以上にわたり全米プロバスケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さぁ、かかってこい!122万人のライバル

今年、成人を迎える人は122万人。 ようこそ。 きみと僕はライバルだ。 経験も知識も悪知恵も長けている僕が、きみのライバルなのだ。 さ、かかってこい。 その若さで。 きみの武器は「時間」だ。 「若さ」だ。 「向こう見ず」だ。 「先入観の無さ」だ。 「守るものがないこと」だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●自分を磨く方法●情熱は燃やせば燃やすほど

世の中には二通りの人がいる。 一見、何でもないものをも自分の情熱の炎で魅力的に照らし出す人と、自分が情熱を燃やすに値するものを探し続ける人だ。 後者の人は、情熱とは、ろうそくのようなものだと思っているのだろう。 くだらないものに夢中になって、自分の大切なろうそくを使い果たしてしまうわけはいかないと。 しかし、情熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライドが高いからこそ、いつでも心の柱だ。

「本当にプライドが高いから、いくらでも頭を下げられるんだよ。」 コンビニでバイトをしている時、酔っぱらいから因縁をつけられました。 オーナーはそんな酔っぱらいに丁寧に、頭を下げていました。 「なんで、あんな人に丁寧にできるんですか?」と聞いた時の答え。 プライドはいつでも心の柱だ。 ●プライド―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶望の淵に届いた友人からの言葉

「いろいろ選ぶ道があって、しあわせな私たち。そう思いませんか?」 肉体的にも精神的にもボロボロになって仕事を辞めた私。 そんな時、アイルランドに留学していた友人から届いたエアメイルにこう一言だけ書かれていました。 目の前が開けた気がして、今、目標に向かって頑張っています。 ●心を決めたあのことば〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●自分を磨く方法●決断することの重要性●

「チェシャ猫さん」アリスは、ためらいがちに話しかけた。 「お願いだから、教えてくれない?私はここからどっちの道に行けばいいの?」 「それはおまえさんがどこに行きたいか次第だね。」 「どこでもかまわないんだけど・・・・・・。」 「それならどっちの道に行ったってかまわないじゃないか。」 目の前に続く二差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●自分を磨く方法●恐怖心と向き合う●

昔、遠い国の山奥に恐ろしい巨人が住んでいた。 3メートルの巨体にもじゃもじゃの赤毛と赤い髭、そして手には大きな斧。 その姿で、毎年、同じ日の同じ時刻に、ふもとの町の城壁の外に立ち、叫ぶのだった。 「おい、おまえたちの中で一番の勇者を連れてこい。そいつと戦ってやるから。さもないと城壁を壊して、斧で皆殺しにしてしまうぞ。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●自分を磨く方法●とにかくやってみる●

やるかやらないか迷ったら、とりあえずやらないことにするのが、成功しない人。 やるかやらないか迷ったら、やってみるのが成功者だ。 やってみれば、失敗することもあるだろう。 しかし、少なくとも、この方法は、失敗すると知ることができる。一歩前進だ。 失敗を後退することだと考えているとしたら、それは大きな勘違いだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を磨く方法●誇りを持つ

その国では、占領した国の高官を逮捕してとらえると、城壁を磨く仕事をさせていた。 それは危険で、もっとも下級の者のする仕事とされていたからだ。 壁を磨く者たちの顔には、「なんで俺たちがこんなことをしなければならないのか」という不満と羞恥と絶望が、ありありと浮かんだ。 ある日のこと、その国の王様の目に、実に楽しそうに城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗り越えられる者にしか壁はこない。

乗り越えられる者にしか壁はこない。 (みけ・24歳・事務・福岡県) 会社が合併し、システム等、何もかもが変わってしまい、今まで簡単に出来ていたことに倍以上に時間がかかってしまって、毎日残業、残業で会社に行くのがイヤになった。 そんな時、友達がメールでこの言葉を送ってくれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常に自分は「特別な人間だ」と思えるような人生を生きる

誰もが一流の人間になりたがっている。 これは人生の真実だ。 この地球上に暮らす人たちは、みな、「ひとかどの人物」になりたいという望みを持って生まれてくる。 身分がどうであれ、出身がどうであれ、私たちは心の奥深くで「自分は特別な人間だ」「ほかの連中とは違うのだ」と信じないではいられない。 人は誰でも、そんな気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立川談志師匠が亡くなられた

●立川談志師匠が亡くなられた。 「爆笑問題」の太田のお父さんって感じの立川談志師匠を僕は好きだった。 理屈ぽくて落語は「知らない奴は笑わなくていいから」というスタンス。 そして「天才」と言われた。 落語協会からも飛び出す。 破天荒な所もある。 人からはみ出すことの快感を僕に教えてくれたのが立川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可能性とは「自分の最高の姿」とイコールだ

自分に自信がないために、可能性の扉を閉ざしている人は多い。 自分を信じられない人は、たいてい自分の限界を低く設定する。 逆に、自分の能力に自信があれば、内に秘めた底力を発揮し、応援され、助けの手を借りて、より高いレベルに到達できる。 どんな才能の持ち主も、自分を信じられなければ、最高レベルの自分には到達できない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファミリーマートで自画自賛しているサラリーマンは僕です。

会社と同じビルにファミマが入っているし、自宅から最も近いコンビニがファミマなので、何かとファミマを使うことが多い。 そのファミマで買い物をすると「T-POPINT」が貯まる。 とは言っても、缶コーヒーとかサンドイッチを買う程度なので、そんなに貯まらない。 とは言っても、塵も積もれば山となるだ。 だいたい、1年間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつかは、サヨナラ

明日からまた鹿児島へ出張。 明後日、午前と午後に研修のダブルヘッダーをやり、その研修のあとに、GMP部門の部屋を見学する予定。 今回の研修は社内にある「アカデミー」から依頼があっての研修だったが、この鹿児島での研修で、とりあえず、終了。 臨床事業部だけではなく、社内全体の部署の新人1年目と3年目に対する研修なので、いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常に最善を尽くす

最善を尽くさないときに最も被害をこうむるのは、ほかならぬあなた自身だ。 人間は習慣の生き物だ。 人を2種類に分けると、最善を尽くそうと努力する習慣が身についているか、何をするにもいい加減に済ませてしまうことが習慣になっているか、どちらかだ。 いずれにせよ、習慣はそう簡単には変えることはできない。 今日は手抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社(社会)のために誠実に働く

ポジティブな考え方をすることは、成功するための最も重要な資質のひとつだ。 ネガティブな考え方は、その持ち主を悪い方向へ導くだけではない。 それはガン細胞のように組織内に広がり、士気と生産性を低下させる。 それに対し、ポジティブな考え方の持ち主がひとりいるだけで職場の雰囲気がよくなり、仕事がうまく進む。 顧客の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶望してはいけない

必ず日本は復興する。 必ず新薬ができる。 必ず平和がくる。 必ず夢も希望もかなう。 人間は悪意より善意が上まわっている。 ★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★      ↓ ●やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽 さよなら絶望先生(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のために他人に奉仕する

確かにコネがあれば物事はスムーズに進みやすい。 でも、特別なコネがなくても成功している人はたくさんいる。 コネがないのを嘆いていても仕方がない。 自分のスキルを磨き、それをいかんなく発揮すれば、あなたは確実に成功するはずだ。 その一方で、コツコツと人脈づくりに励めばいい。 あなたが仕事やプライベートで出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題を分析したら、果敢に行動しよう

問題を解決するらめの第一歩は事実の把握だ。 集めた事実を次に、分析しないといけない。 そのためには、事実を書きだしてから分析するほうが、ずっと容易になる。 ノートでもいいし、パソコンでもいい。 事実を書きあげ、問題をはっきりと書く。 これで、賢明な決断ができるようになる。 「問題を手際よく表現すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積極的に行動し、どんどん失敗しよう。

成功者はみな、成功するまで何度も失敗を経験している。 何かをしようとすれば、失敗を避けることはできない。 逆に言えば、失敗せずにできるようなことはたいしたことではない。 あなたは幼いころ、いきなり歩くことができただろうか? 一度、親に質問するといい。 「何度も倒れて、ようやく自分の足で立って歩けるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more