テーマ:ビジネス書

お勧めのビジネス書:『コミュニケーションの教科書』

●お勧めのビジネス書:『コミュニケーションの教科書』 3つの力を育てるだけでどんな人ともうまくいく! 「もっと人間関係をよくしたい」 「自分の考えを上手く伝えられるようになりたい」 きっと、そんな気持ちでこのページにたどりつかれたのではないでしょうか? 就職活動などで、企業が学生に求める条件の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めのビジネス書:『目覚めよ! 生きよ! 』

●お勧めのビジネス書:『目覚めよ! 生きよ! 』 本書は1933年にアメリカで出版され、瞬く間に100万部を突破したミリオンセラーです。 今もなお、世界中で読み継がれています。 その「伝説の自己啓発書」が、『1分間マネジャー』の訳者である小林薫さんの訳で、日本の読者に初お目見えします。 熱い推薦文を寄せてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめのビジネス書★TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

国際共同治験の時代におすすめのビジネス書★TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 いまさらながらですが、「TOEIC」の公式問題集です。 各パートのサンプル問題をテスト制作者が丁寧に解説。 400問の問題から日常で役立つ表現をセレクト。 聞きたい音声を簡単に探せる便利なCDトラック分け。 サンプ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お勧めのビジネス書★『第3の案 成功者の選択』

◆『第3の案 成功者の選択』は『7つの習慣』から16年、スティーブン・R・コヴィー博士の新刊です。 ◆『7つの習慣』と言えば、もはや、自己啓発書として古典中の古典。定番中の定番ですね。 僕も『7つの習慣』で、ずいぶんと生き方が変わりました。 そのコヴィー博士の新刊ですから、いやがおうでも期待が高まります。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めのビジネス書★「日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ 」

お勧めのビジネス書★「日産 驚異の会議 改革の10年が生み落としたノウハウ 」 ◆自動車産業の苦戦から一気に抜け出してきた日産。 エコカー競争でも電気自動車リーフに話題が集中。 この勢いの秘密は驚くべき会議手法にあった。 会議好きも会議嫌いも感動する“すごい”会議! ◆19年ぶりのカー・オブ・ザ・イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「TOEIC方式で身につけるビジネス英語」

「TOEIC方式で身につけるビジネス英語」というコンセプトを思いついた。 TOEICは「試験」なので、受験テクニックも必要だ。 また、TOEICの点数を上げるためにはTOEIC用の英語学習が必要だ。 でも、僕たちの目標はTOEICの点数を上げるのではなく、いつでも、どこでも使えるビジネス英語の実践スキルアップのはずだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの自己啓発書★今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?

●最後は誰もが「いい人生だった」と言って、悔いのない人生を歩みたいと思っています。 残された時間は、みなわかりません。 だからこそ、たった一度しかない人生の中で、自分が「本当にやりたいこと」や「やるべきこと」をいち早く見つけ、取り組むことができる思考法を紹介します。 ●「仕事に疲れたビジネスパーソン」や「このままの人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの自己啓発書★幸福の習慣(ギャラップ社の調査に基づいて)

●世界中のうまくいっている人から学ぶ 人生を価値あるものにする確かな方法とは――。 「幸福とは何でしょうか?」「どうすれば幸福は手に入るのでしょうか」 このテーマに、世界随一の世論調査会社(あの!)ギャラップ社は1950年代から50年以上かけて取り組んできました。 本書は、その調査の集大成ともなる1冊です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめのビジネス書●行動分析学で社員のやる気を引き出す技術

職場の上司・同僚・部下から顧客の行動まで、心理学の手法で予測・制御する行動分析学。 いま人事マネジメントの分野で注目されている。 本書は行動分析学の基礎から具体的なケース(応用例)をビジュアルに解説する。 様々な手法を使っても、なかなか社員のモチベーションが上がらない。 会社はどんよりとした雰囲気で息苦し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの会社は大丈夫ですか?★イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

顧客の意見に熱心に耳を傾け、新技術への投資を積極的に行い、常に高品質の製品やサービスを提供している業界トップの優良企業。 ところが、その優れた経営のために失敗を招き、トップの地位を失ってしまう――。 本書は、大手企業に必ず訪れるというこの「ジレンマ」を解き明かしベストセラーになった原著、『The Innovator's Di…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業戦略にも使える本★失敗の本質―日本軍の組織論的研究

敗因研究ではなく組織分析の書として秀逸! この本が単行本として最初に世に出たのは1984年。 しかも分析に当たって底本としたのが更に昔の戦史叢書(1966-80年刊)。 その後発表された膨大な戦史研究をふまえて本書を読めば、個々の事例分析はツッコミどころ満載である。 しかし、この本は長い間に渡り、いかなる戦史書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動すらするビジネス書★小倉昌男 経営学

「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。 本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。 全体を通して読み取れるのは、「学習する経営者」小倉の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力である。 成功した人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おすすめの驚異の成功するための本●人を動かす(デール・カーネギー著)

あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。 『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの成功するための本●「原因」と「結果」の法則

何かにつまずいた時や心が弱った時、頼りたくなるのが啓発書だ。 本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。 意外なことに、日本語版は今回が初出となる。   現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。 結果としての成功も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事初めに「交渉術研修」の資料を作り三昧

さて、今日から仕事初めなのだが、一心不乱に研修の資料を作っていた。 今回の研修テーマは「交渉術」。 モニターにしろ、CRCにしろ交渉術は必要不可欠。 もちろん、モニターでなくても、普通の社員でもたとえば上司、先輩、同僚、後輩、部下などとの仕事のやり取りでも「交渉」の一種だよね。 だから、どんな職種にも使える研修と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今こそ読もう!★思考スピードの経営 - デジタル経営教本

ビル・ゲイツにはさまざまな評価があるが、「ZDNet」のJesse Berstは記事の中で、「変化を好んでいる」「成功しても人が変わらない」「慈善活動に熱心だ」「新しいものを作り出している」「技術に対する情熱がある」と、たった5つのポイントから彼の評価はできるとしている。 とにかく彼がマイクロソフト社の共同創業者として、パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これも立派なビジネス書!!★マネー・ボール

映画化されたことでも有名な本。 メジャーリーグの球団アスレチックスの年俸トータルはヤンキースの3分の1でしかないのに、成績はほぼ同等。 この不思議な現象はゼネラルマネージャーのビリー・ビーンの革命的な考え方のせいだ。その魅力的な考え方はなんにでも応用できる。 マイケル・ルイスはこの本で、その考え方を、切れ味のいい文体で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの会社は大丈夫ですか?★イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

顧客の意見に熱心に耳を傾け、新技術への投資を積極的に行い、常に高品質の製品やサービスを提供している業界トップの優良企業。 ところが、その優れた経営のために失敗を招き、トップの地位を失ってしまう――。 本書は、大手企業に必ず訪れるというこの「ジレンマ」を解き明かしベストセラーになった原著、『The Innovator's Di…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業戦略にも使える本★失敗の本質―日本軍の組織論的研究

敗因研究ではなく組織分析の書として秀逸! この本が単行本として最初に世に出たのは1984年。 しかも分析に当たって底本としたのが更に昔の戦史叢書(1966-80年刊)。 その後発表された膨大な戦史研究をふまえて本書を読めば、個々の事例分析はツッコミどころ満載である。 しかし、この本は長い間に渡り、いかなる戦史書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動すらするビジネス書★小倉昌男 経営

「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。 本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。 全体を通して読み取れるのは、「学習する経営者」小倉の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力である。 成功した人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わくわくする生き方をする★ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

あなたのワクワクは、あなたの人生を奇跡のように活性化する! マイク・マクマナスの情熱のすべてを注ぎ込んだ渾身の一冊。 圧倒的な面白さ。 全米で2万人以上の生き方を完全に変えた「ソース」のプログラムの神髄のすべてがここに書かれてあります。 この本には、「ソース」プログラムの基本が書かれ、キットやワークショップで扱う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きたいように生きるための本★ずっとやりたかったことを、やりなさい

毎日の繰り返しに、埋もれた自分。 そろそろ起こしてみませんか? 忘れた夢を取り戻す12週間の旅。 実験と観察からなる単純な科学的アプローチによって、創造的に生きる方法を明らかにし、自分のいろいろな側面との出会いを導いていく本です。 自分が気づかない「心にはめたタガ」をはずし、自由な生き方を再生する画期的なガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの自己啓発本●自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係は実はすべて自分が原因で引き起こしていることに気づかせてくれる『自分の小さな「箱」から脱出する方法』。 本書を読み進めるうちに家庭や職場での人間関係を深め十分な成果を出せる環境を作る方法を学べる。 全米ビジネス書ベストセラーだ。 よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの驚異の成功するための本●人を動かす(デール・カーネギー著)

あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。 『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの成功するための本●「原因」と「結果」の法則

何かにつまずいた時や心が弱った時、頼りたくなるのが啓発書だ。 本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。 意外なことに、日本語版は今回が初出となる。   現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。 結果としての成功も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの成功本!!★夢をかなえる象

「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」 世の中にはこんなに多くの成功法則書、ビジネス書があふれているのに、成功者が増えたという話は聞いたことがありません。 なぜだろう? ずっと感じていた疑問でした。 そしてこの疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。 主人公は「人生を変えよう」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超おすすめの成功本!!★「戦う自分」をつくる13の成功戦略

この本のスゴイところは成功戦略を13のカテゴリーに分けたコトと、そのジャンルに適切な著名人の名言を織り込んだコトです。 やはり名言の名言たる所以を感じさせるものばかり。 その一言で全てを表現している名言を適切に引用してあり当たり前のことをしっかりやらなければ成功には至らない事を痛感します。 一つのテーマに様々な名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの成功するための本★7つの習慣―成功には原則があった!

本書は1990年に初版が出版されたときにセンセーションを巻き起こしており、以来1,000万部以上を売り上げ、ビジネス書として今でもベストセラーを続けている。 著者のスティーブン・コヴィーは、国際的に高い評価を受けるリーダーシップ研究の第一人者。 真に成功を果たすには個人としての有効性と職業としての有効性をバランス良く備えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めの成功するための本★誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

あなたのその人生はリハーサルではない。本番だ。 「人生はこんなもんだ」とどこかであきらめていませんか?  本書では、アメリカの人気講演家ジム・ドノヴァンが、実践的でシンプルな夢の見方とかなえ方を74章に渡って紹介しています。 あなたも、本書を読むことによって、確実に夢をかなえることができます。 自分で自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの成功するための本★働きがいのある人生 ― 仕事が絶対面白くなる100の法則

会社を辞めた後に、この本を読むのはツライ。 ぜひ会社を辞める前に! 仕事と人生の法則がわかれば、時間と労力の90%を節約できる! 仕事がつまらない人は、年間200日以上つまらない! ビジネスにおける成功にはすべて、ある種の予測可能な法則やパターンがあることを体験した著者が、勤勉、効率、柔軟性、組織、顧客、差別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more