テーマ:元気が出る言葉

誰も「やっちゃいけない」って言ってないのに

●行動は雄弁だ。 シェークスピア 「行動すること」こそが、人生の意義だ。 ●人生は学校である。そこでは幸福より不幸の方が良い教師である。 フリーチェ 不幸からも学び取る図太さを! ●誰も「やっちゃいけない」って言ってないのに、どうして誰もやらないんだろうっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなことをしないなんて、人生の浪費だぜ。

●頭はときどき空っぽにして、可能性に席を空けてやろう。 『ラリー・ニーヴン(米国・SF作家』 考えすぎもダメだ。余裕を持っていこう。 ●ときどき、私たちは明日のためのことをするのに忙しくって、今日を見失ってしまうのね。 『デミー・ムーア(女優)』 大事なのは、今日、この瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世俗を捨てて探究すること

「元気が出る言葉」 「勉強は強いられるものではなく、知りたいと思うことを見つけて楽しみながらやるものだ。」 益川敏英(ノーベル物理学賞) 益川博士は素粒子の理論で2008年に小林誠博士と一緒にノーベル賞を受賞した。 けれども、「私たちは賞を取るために研究しているのではない。」「賞は世俗的なものであって、学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世の中には、本当に深刻な問題がある。そんな時は・・・・・・・

「元気が出る言葉」 「専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことだ。 世の中には、本当に深刻な問題があって、そういうときは、笑うしか術がない。」 ニールス・ボーア(ノーベル物理学賞受賞) 「量子力学」の創設者であるボーア博士。 「詩人は、事実を表現するというより、イメージを作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諦めずに階段を登る。一段一段、息を切らしながらも

「元気が出る言葉」 「天才というのは、ただ階段を隠すだけだ。階段をあけっぴろげに見せた人は努力家だと言われ、見せなかった人は天才だと言われる。」 糸川英夫 2010年に小惑星探査を終え、日本に帰還した探査船「はやぶさ」。 その小惑星「イトカワ」は、この日本の宇宙研究の父とも呼べる人物、「ロケット博士」と呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新入社員に贈る真実の言葉

駅やオフィスビル街で「新入社員」とひと目でわかる若者たちが集団で歩いていた。 4月1日は、全国的に「入社式」の日だ。 しかし、東日本大震災の被災地では「入社式」を取りやめるところが多し、内定を取り消すという会社もある。 そんな中、働ける場所があるだけでも幸せだ。 そこで、その新入社員に贈る言葉を2つ、ハー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいじゃないか、三流で・・・・熱い三流なら上等よ!

僕が好きな漫画家に福本伸行という人がいる。 博打や賭博、賭け事に関連するテーマの漫画を描いている。 たとえば、麻雀に関しては次の2つが僕は大好きだ。 麻雀を知らなくても楽しめるのだが、麻雀を知っていれば一生楽しめる。 麻雀がテーマの福本伸行の漫画   ↓ 『天-天和通りの快男児』 ●天 18 (近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more