テーマ:仕事に対する姿勢

自分を許す、あくまでも許す

ミスしても自分を責めるのはやめよう。 もうすでに、あなたは十分に自分を責めているのだから。 「自分はなんてバカなんだ」と罵ったり、自分を非難したりしてはいけない。 そんなことをすると、自分のすることは何でも間違っているんじゃないかという気持ちになって、さらにミスを繰り返すことだってある。 その反対に、自分がミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピードハック(仕事のスピードをいきなり3倍にする技術)(1)

●仕事のスピードを上げるコツ、秘訣、ポイント、ノウハウ(1) 会社には、定時を回ればさっさと退社していく人と、慢性的に終電近くまで残業している人、2種類がいます。 どこに違いがあるのでしょうか? もちろん、仕事の種類やメンバーの人数で絶対的に残業を強いられるということもあるでしょう。 それでも、少しでも早く仕事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスクを自分からとる

成功を納めている人たちは、たいていリスクを自分からとる。 『虎穴に入らずんば虎児を得ず』だ。 彼らはプロジェクトに取り組む前にリスクを計算し、十分に準備をするのだ。 もちろん、最初からうまくいくとは限らない。 たとえばウォルト・ディズニーは夢を追い求めリスクをとった。 失敗を繰り返して何度も倒産を経験してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界を確実によくする方法

ハーバード大学の教授を務めた19世紀の著名な心理学者ウィリアム・ジェームズは「人間の本性の最も根源的な特徴は、自分を評価してほしいという欲求である」と言っている。 確かにその通りだ。 自分自身のことを考えてみよう。 自分の努力を認めて評価して欲しいと思っているはずだ。(昇給に繋がらなくても。) だから「よくで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常に「今」に100%の最善を尽くす

最善を尽くさないときに最も被害をこうむるのは、ほかならぬ自分だ。 人間は習慣の生き物。 その人間を2種類に分けるとこうなる(↓) ●最善を尽くそうと努力する習慣が身についている。 ●何をするにもいい加減に済ませてしまうことが習慣になっている。 いずれにせよ、習慣はそう簡単には変えることができない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなことを見つける、好きなことを続ける

自分が好きなことを見つけよう。 大好きなことを見つけるのが早ければ早いほど、人生は楽しくなる。 では、どうやって大好きなことを見つけるか? 次の質問に答えてみよう。 ●最近、何かワクワクしたことがありますか? ●何をやっている時が一番楽しいですか? ●どんな方法で仕事をしている時が納得感がありますか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライオンは兎を襲う時ですら全力を尽くす

今、目の前にある仕事に全力を尽くさないなら、いったい、いつ全力を尽くすというのだろう。 懸命に仕事をやっていることに周囲は気づく(絶対に)。 僕のリアルの会社の中にも、若手で何人かについて「彼・彼女って、積極的でいいよね」と僕は口に出して周囲に伝えている。 そうなのだ。 一生懸命にやっていると、それは周囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「習うより慣れろ」ではなく「慣れるより習え」

課題解決をテーマにした研修のネタを作っていて、思い出したのだが、初心者がよくやる失敗は「何でもかんでも全て、自分が解決しようとする」ことだ。 要領の良い人は「他人に聞けば分かることはサッサと聞く」。 よく「習うより慣れろ」というが、たとえばパソコンの扱い方法などは、その道のプロの方にサッサと聞くほうが速い。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊びだからこそ「到達点」が無い。

昨晩、NACK5(ナックファイブ:埼玉中心のFMラジオ局)に武田鉄矢が出演して30分ほどトークをしていた。 久々だった。これだけの時間、まとまって武田鉄矢の話を聞くのは。 昨夜のテーマは「遊ぶ名人」ということで、「遊び」について語っていた。 「仕事」と捉えると、何でも辛くなるが、「遊び」と捉えれば、何でも楽しくなる、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんは、そういうのに弱いのだ

昨日で某社の新入社員の研修が終わったのだが、最後に、新入社員のみんなからプレゼントをもらってしまった。 しかもかわいいピンクのハートつきで。 予想だにしていなかったので、びっくりした。 僕からは「頑張ってね」という言葉だけだったのだが。 そのプレゼントがまた沢山の「スナックバー」(ソイジョイとか)なのが嬉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社は現場にこそある

今週の『ホーライ製薬』は「製薬会社として、今後、どう生き残るか?」というテーマにした。 『医薬品ができるまで』は「コンプライアンス」だ。 ■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■    ↓ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セルフコーチング』入門(2)役立つ質問

2.問題解決力との違い・・・ 問題解決力の力点は、「与えられた問いに対して、答えを見つける力」にあります。 セルフコーチングでは「質問のよしあし」がとても重要なファクターであるのに対して、問題解決の場合には「解決しなければならない問題の是非を問う」のではなく、「その問題をいかに解決するか」に主眼が置かれると言えるかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セルフコーチング』入門(1)セルフコーチングとは?

1.セルフコーチングとは? コーチングとは「個人の自己実現をサポートするシステム」です。 それを自分が自分のために実践しようというのが、セルフコーチングです。 ● 自己実現・・・その人が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮すること ● サポートとヘルプの違い・・・「ヘルプ」とは「助けを求めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全社員に日記を書くことを義務付けている会社にいますが、なにか?

僕が勤めている会社では全社員が毎日、日記を書いている。 これは「義務」であり、「人事評価」にも影響する。 その日記は「4行日記」というものだ。 この4行日記の詳細はこの本を参照。     ↓ 「1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記」 ●1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記 ●【送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定員オーバーの研修っていうのもある。

社内で「メディカルライティング」の研修が立ち上がった。 当社では(ホーライ製薬ではなく、リアルに僕が勤めている会社ね)、総括報告書の作成等のメディカルライティングの仕事も受注している。 その担当者が、モニターの人たち向けに「メディカルライティング研修」ということで総括報告書の内容や作成方法などについて1年で10回の研修を実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナチュラルハイになるようにスイッチをセットする方法

4月に中旬から始まる新入社員導入研修に最善の状態で臨めるように仕事をコントロールしている(11時に出社して4時には帰宅)。 自分でコントロールしてもなお症状が悪化することもある。 悪化したとしても、研修中だけはベストでいられるようにする。 昔、坐骨神経痛をやってしまい、午前中に整形外科にいきコルセットと鎮痛剤を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新入社員に贈る言葉●「サラリーマン」ではなく「ビジネスパーソン」になれ

「サラリーマン」は、会社に仕事をしにいく人のこと。 何時から何時までと、決められた時間に仕事をする。 残業をすることもあるが、とにかく会社に仕事をしにいく人が「サラリーマン」だ。 では、「ビジネスパーソン」とは何か。 それは「会社に結果を出しにいく」人のことだ。 極端な話をすれば、会社には半日いただけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more