テーマ:仕事に対する考え方

適切な目標を設定する

まず、短期的な目標と長期的な目標を区別する必要がある。 多くの人は短期的目標を設定するとき、あまりにも野心的な目標を設定しすぎる。 たとえば、年収300万円の人が半年でいきなり1000万円を稼ごうとするのが、そうだ。 不可能とは言わないが、可能性は極めて低いだろう。 人間の心は自分の現在の思考パターンと大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読んだことが生きる読書法

読んだことが生きる読書法 1)明確な目的を持って読む 2)あらかじめ質問を用意して読む 3)問題点の早期把握 4)問題解決の観点から読む 5)内容的に競合するものと比較して読む 6)イメージを追って読む 7)著者の立場と希望を理解して読む 8)著者の主張するポイントを確実に証明する証拠、根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも、笑う

あなたはユーモアが健康のために極めて重要な役割を果たしていることについて考えたことがあるだろうか? 心身の健康を増進するには、ユーモアと笑いを生活に取り入れる必要がある。(絶対に!) UCLA医学部のノーマン・カズンズ教授はエンドルフィンとアドレナリンの研究を通じて、楽しい気分でいることが健康に大きな影響を及ぼすことを立証し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生と仕事の達人になる方法(20)悩みの分析と解消法

種々雑多な悩みに対するための準備をしておこう。 1)事実の把握 2)事実の分析 3)決断、そして実行 事実を把握するというのが、なぜ、そんなに大切なのだろう? 事実を知って、はじめて私たちは自分の問題を手際よく解決できる。 事実に基づかなければ、いたずらに気ばかり焦って、混乱を増すだけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の創造性を信じる。

自分を信じることは何にもまして、重要なスキル・態度だ。 ところで、あなたは自分を創造的な人間だと思いますか? きっと79%の人が「ノー」と答え、20%の人が「どうかな?」と答えるだろう。 作曲ができないとか絵が描けないからと言って、創造性がないということには(絶対に)ならない、ということに注意しよう。 新しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっている? 常にチャンスを探すことを

あなたは人生に何かが欠けているように感じたことはない? 僕は46時中、感じている。 もし、あなたにもあるなら、そろそろ何か別のことをやってみる時期が来ているのではないだろうか?と考えてみよう。 あなたは変化を恐れているのかもしれない。 もちろん、それは正常な心理だ。 誰だって、変化を恐れていて、「現状維…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20代で成功する方法・・・(5)

最近、「自分らしさ」や「自分」にこだわる新入社員が多くなった。 ビジネスの大前提として「ナンバーワン」があるからこそ、その独自技術や独自手法が「オンリーワン」と称されるのです。 自分が就いた仕事を好きになり、それでやっとナンバーワンになれる。 そこから、自分のスタイルが、自ずとわかってくる。 まず、楷書を覚えて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦略を知らないビジネスパーソンは若死にする

私たちが勇気づけられるのは、人間には、自分の人生を努力によって向上させていく素晴らしい能力があるということだ。 もし、自信をもって自分の夢に向かって前進し、理想とする人生を送ろうと努力すれば、普通では期待できないほどの成功を収めることができる。 私はもう悩まない。 もし物質よりもまさる精神力というものがあるならば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフコーチングで能力を開発しよう(5)

(2) ぐちぐち回路 「どうせ、いつもあたしが貧乏くじをひくことになっているのよ」 「あいつに指導しても、時間の無駄だよな」 「こんな目標、絶対に達成できるわけないよ」 何か望ましくない状況があった時に、誰かのせいにして、その人を責めるパターンです。 他人の責任にすることにより、自分を無意識のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフコーチングで能力を開発しよう(1)

1.セルフコーチングとは? コーチングとは「個人の自己実現をサポートするシステム」 ● 自己実現・・・その人が本来持っている能力や可能性を最大限に発揮すること ● サポートとヘルプの違い・・・「ヘルプ」とは「助けを求めている人」が「無力」で、助ける人と助けられる人の関係は「支配・従属的」。 一方、サポート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20代で成功する方法・・・(1)

会社に頼るのではなく、自分で自分軸を手放すにはどうしたらいいのでしょうか? 一言で言えば「yes,andで考え、行動する」ことです。 目の前で起きているすべての状況を受け入れ(yes)、それに対処した行動をとる(and)のです。 「希望と違う配属」「単純作業の繰り返し」「思った以上にできない自分」あげていけばき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一芸に秀でる・・・自己啓発のポイント

自己啓発は、知識・スキル・人格などと分けて考えることはできない。 区分無しで、全人間的に向上しよう。 ただし、「一芸に秀でよう」。 他者の追随を許さないくらい、「一芸に秀でよう。」 モニターをやらしたら、あいつの右にでる人はいない、と社内で評価されよう。 次に、業界内で同じように評価されるくらいにな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本当の力は「失敗して」初めて分かる

8月に入ったということで、当社の(リアルの会社の)新入社員は目の色を変えて、8月の下旬にある「モニター任命試験」に向かって、練習に励んでいる。 その「モニター任命試験」は実技がある。 「プロトコルの概説」を「治験責任医師」候補に説明して、治験参加の打診をする、というロールプレーでやる。 「プロトコルの説明」はみな、そつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【20代で成功する方法】・・・自律型人材になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

会社が「自律型人材」を求めていることは分かりました。 それでは、この自律型人材になるためにはどうしたらいいのでしょうか? そもそも、自律的に成長できる若手ビジネスパーソンはどういうスタンスを持って、日々を過ごしているのでしょうか? それは次の3つです。 (1)成果のために自分軸を手放すことができ、相手軸で物事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「産みの苦しみ」の向こうに達成感が待っている(はず)

「ブランド」について研修資料をどう展開させるのかが、まだ見えてこないので、ちょっと焦っています。 とりあえず、ネタになる本を3冊ばかり読んでみたのですが、どれもしっくりこないんだよね。 でも、とにかく、そのネタ本を頼りに、2泊3日の合宿研修を持たせるだけの資料を作らねばならない。 それも7月中に(と、これは自ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のハチャメチャ読書術かと思えばビジネス書の読み方はちょっと凄い

エンターテイメント系の本は数冊、同時並行で読む。 通勤電車の中用の本、寝る前専用の本、お風呂やトイレに持って行く本など等。 村上春樹や東野圭吾、伊坂幸太郎とか、まぁ、そういう作家の人たち、プラス「ミステリィ」が多い。 ビジネス用の本は必ず「研修に使う」という目的を持って、ビジネス書を読む。 「研修に使う」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上司に恵まれたほうがいいか。それとも恵まれないほうがいいか

優秀なある上司(僕の直接の上司ではないけれど)が僕の近くにいる。 何が優秀かというと、部下に仕事を割り振るときに、必ずその仕事の「意義」を伝えて、仕事をアサインするのだ。 ただ「この本をコピーして」というのと「この本は治験で有名な中野先生の論文なので、読みやすい濃度でコピーしてね」という指示の出し方には100万光年の開きがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

途中で評価する(マイルストーンを設定する)

大きな目標を立てた場合(たとえば1年がかりのような)、途中、途中にマイルストーンを設けるといい。 たとえば「1年で100症例を登録する」という目標なら3か月おきに「25症例登録する」をマイルストーンにして自己評価する。 自己評価するだけでなく、上司や同僚、チームにも報告する。 組織は「実績を積んでなんぼ」なのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場で何が起きているか

まずモニタリングの現場で何が問題となっているかを調査する。 さらにQCとQAにも何が問題なのかを聞く。 そうやって問題点を網羅したら、今度は、どの問題を最優先で解決するかを決める。 ここが「戦略」だ。 治験の問題に限らず、何を優先し、何をあとに回すか、が組織の将来を左右する。 大事なことは「解決すべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジョンを持つ。(中年よ、大志を抱け)

組織や会社は『将来、こういう姿になりたい』とか『当社の真の活躍している姿はこうです』というものを持っている。 それを『ビジョン』と呼んでいる。 「ビジョン」(Vision))というぐらいだから「イメージできそうな姿を言う」ということに注意したい。 「今の政権にビジョンはあるか?」という疑問を声に出してみよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メールは真意が誤解されることもあるがアイデア製造機だ

現代社会ではメールが公私に渡り、コミュニケーションの重要な伝達手段だ。 このメールが出現した頃に、困ったことは「言いたいこと」がこちらが思ったとおりに「伝わらない」ことだった。 それまでは電話や面と向かって「言いたいこと」を言うのがメインだったので、相手の誤解を取り除きながら、コミュニケーションを取ることができた。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「効率化」と「手抜き」はもちろん違う

仕事は効率化できるのであれば、効率化するに越したことはない。 だけど、時々、「効率化」と言って、「それ、ただの手抜きじゃないの?」という場面に出会うこともある。 たとえば、治験薬の副作用が多発した時に、その都度、対応を考えるのではなく、1年に1回、まとめて検討する、なんていうことだ。 法律やガイドライン、SOPで縛られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは「賢い」旅人ですか?

なぜ、その「SOP」が定まっているのか? 社内に様々な「SOP(Standard Operating Procedures)」があると思います。 皆さんはそのSOPに従って仕事をしていると思います。 でも、何故、SOPでそのように決められているのか、を考えたことがありますか? そこには色んな理由があり、それを知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一歩前に出よう」

そうしたほうが良いかもしれないが、別にそこまですることはないだろう、と考えることがないですか?  一方で、ここまでしておけば大丈夫だろうけど、もう少し先までやっておこう、と考えて行動できる人もいます。 もし、あなたが社会で成功して出世したいのであれば、後者にならなければならないでしょう。 積極的な人とそうでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

では、どうやってモチベーションを維持するか?

時には『危機感』を持って仕事をするとモチベーションが上がる。 集中力もアップする。 でも、そういう状態をずっと維持すると、『危機感』が危機ではなく、日常になってしまって、効果が薄れる。 効果を維持するためにずっと危機感を持って、緊張している、というのも「ストレス」になり、だんだんと仕事の質が低下することになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more