テーマ:ビジネス

一流の仕事術●ものごとは短時間に深く考える

仕事のできる人は、短時間に深く考えることができる人です。 インターネットの進歩で、世の中の動きはとても速くなっています。 私たちを取り巻く環境が、あまりにも激変しているため、即断即決が何よりも望まれる時代になってきているのです。 しかし、いくら速くといっても、直感やインスピレーションだけでは仕事ができません。 熟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一流の仕事術●同じ失敗は二度と繰り返さない

同じ失敗を繰り返すのは、自分に甘く、学び成長していない証拠です。 そんな人は、まず人から信用されません。 その人は、非常に不誠実な人だと言わざるを得ません。 なぜなら、同じ失敗を繰り返すということは、注意してくれた人、叱ってくれた人の言葉をきちんと受け止めていない証拠だからです。 相手を尊敬していないから、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超仕事術の時間管理(1)【出社・始業までの時間の有効活用術】

●前日と早朝のニュースを合わせてチェックする 朝、起きたら、まず新聞の見出しにざっと目を通したら、食事をしながらハードディスクに保存した前日のニュースと早朝のニュースを早送りで見ていきます。 気になる映像が出たら止めて、通常の早さでチェックします。 ●始業前10分間は「整理」の時間にあてる 名刺や住所録の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一流の仕事術【ひと味違う企画書を作成する方法】

一流の仕事術【ひと味違う企画書を作成する方法】 ●見た目以上の内容で勝負する パソコンで作った、フローチャートや写真を多用した企画書がもてはやされていますが、そんなことでいくら相手の目を引いても、内容がしっかりしていなければお話になりません。 何よりもまず、企画の意図、対象、目的を、切れ味のいい文章にまとめることです。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル (143) 発想力を鍛えるコツ(7)

●没になった企画の見直しをする 会社には、過去に没になった企画がおそらく山のようにあるはずです。 それらがなぜ没になったのか、その理由を考えることも、使える企画を生み出すためには欠かせないステップだと言えます。 本当に内容が悪かったのか、タイミングが早すぎたせいではないのか、という視点で、もう一度、死蔵されている企画の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一流の仕事術●3)「できる人」とは、今後の期待値が大きい人である

できている理由を明確に説明できると、出している結果が周囲にも伝わり、「あいつは結果を出している」という評価になる。 そして、その結果として、「今後も何か新しいことをやってくれるのではないか」という期待値が大きくなる。 周りの期待値が大きくなるということが、当人をつねに上のステージへと上昇させるエンジンにもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「できる人」は、こんな特徴を持っている。

これまで多くの新入社員を教育研修していて思った。 「できる人」は、こんな特徴を持っている。 ●1)「できる人」とは、凡人から頭ひとつ抜け出た人である。 周囲を見渡してみましょう。 「あの人はできる人だな」と思う人がいませんか? そうした人たちは、決して、時代の申し子でも、天才でも、スーパーマンでもない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できる人の一流の仕事術(1)●一流のプロは仕事に人生を賭けている。

仕事のプロは何事も一生けん命。 あなたは現在の仕事に、どのような姿勢で臨んでいますか? 生活に必要な収入を得るためですか? 将来、独立するための資金を貯金するためですか? ある年齢になったら仕事をするのが当たり前だからですか? もちろん、収入を得ることは仕事の重要な目的に違いありません。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦略的交渉力

1.なぜ交渉するのか? 私たちは、日頃の生活や仕事の中で、あらゆる利害関係者と交渉している。 そのとき、お互いの意向や意思が一致すれば、特に問題なく手続や取引を進めることができるが、求める結果や優先順位が食い違うこともよくある。 その場合、どちらかが相手を力ずくで強制するか、または、関係を打ち切るなどのことが考えられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交渉のコツ(1)

第1章 思考編「基本姿勢と戦略的アプローチ 1.なぜ交渉するのか? 私たちは、日頃の生活や仕事の中で、あらゆる利害関係者と交渉している。 そのとき、お互いの意向や意思が一致すれば、特に問題なく手続や取引を進めることができるが、求める結果や優先順位が食い違うこともよくある。その場合、どちらかが相手を力ずくで強制するか、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル(138) 発想力を鍛えるコツ(2)

●自分のアイデアに酔わない心がけ ときとして「完璧で素晴らしいアイデアだ」と、自分でもほれぼれするような発想が浮かぶことがあります。 しかし、こういうときこそ、要注意。 自分のプランに酔いしれて、いいことしか考えられなくなり、「ひとりよがり」に陥ってしまうことが多いからです。 思い入れが強いときほど、時間と距離を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「思いこみ」の企画から本物の企画に育てるワザ

企画を本物にするには、その企画が対象とする人たちを集めて、実際に反応を確かめてみることが大切です。 たとえば20代前半の女性が対象なら、その条件に合う人たちに集まってもらい、企画のコンセプトについて自由にディスカッションしてもらうのです。 そうすることで、一部のマスコミが喧伝する「今どきの若い女性はこうだ」というような一面的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル(135)

■読んだことが生きる読書法 1)明確な目的を持って読む 2)あらかじめ質問を用意して読む 3)問題点の早期把握 4)問題解決の観点から読む ★3秒で分かるビジネススキル    ↓ http://horaithreesecbz.web.fc2.com/index.html ★「仕事のコツ・仕…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仕事のコツ、仕事の基本■忘れないうちにメモするのが大原則

街を歩いていたり、電車に乗っているときに、ふと、新しいアイデアや企画がひらめくことがある。 そんなとき、あとでじっくり考えてみようなどと思って、そのままにしていると、いつしか忘れてしまうものだ。 何であれ、思いついたことは、その場でメモを取ることが肝心だ。 手近にメモ用紙がなければ、携帯電話にメモろう。 こうして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

分かりやすく教える技術・・・(1)

1.周到な準備が、教える効果を倍加する 専門知識や経験を伝えることは、それほど簡単ではありません。 教えようとする気持ちは十分あるのに、それがうまく伝わらない、教えようとしている内容を理解してもらえない、ということはよくあることです。 その原因は、いくつか、考えられるでしょうが、まず、大切なことは、「明確な方針…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル (133)

■前日と早朝のニュースを合わせてチェックする。 朝は余裕を持って起き、まず新聞の見出しにざっと目を通す。 次に会社で新聞サイトをネットで調べる。 5分もあれば十分だ。 ★3秒で分かるビジネススキル    ↓ http://horaithreesecbz.web.fc2.com/index.html…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

相手をあやつる、おすすめスキル「傾聴力」を高めるコツ・ポイント・・・(1)

第1章「聞き上手」がなぜ求められるのか 1 聞き上手と話し上手について 「聞き上手」が相手なら、誰でも上手に話せます。 つまり、「聞き上手」なら、より良いコミュニケーションが取れるというわけです。 逆に聞くことが下手な場合、コミュニケーションは一方的になり、相手は「自分が話し下手だ」と思ってしまいます。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

どうすれば一流の仕事ができるか。 ドラッカーの教える知的生産性向上と自己実現の秘けつ 本書は,ドラッカーの膨大な著作の中から,我々一人ひとりがどう成果をあげ,貢献し,自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものである。 題して,「ザ・エッセンシャル・ドラッカー・オン・インディヴィデュアルズ(ドラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル ( 131 )

■プレゼンテーションがうまくなる秘訣 声を大きくする せっかくのプレゼンも聞こえないと意味が無い。 ●本当に役立つ『おすすめのビジネス書』のサイト     ↓ ●本当に役立つ『おすすめのビジネス書』のサイト ★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★      ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーダーシップ入門

職場、家庭、地域社会などあらゆる場面で、人はリーダーシップの問題に直面します。 では、どうすれば理論を身につけて実践にうつせるのか?  いままでのやり方を反省し、持論を構築したい人のための画期的入門書。 本書は、リーダーシップを実際に身につけるために理論と実例を紹介します。 内容をより深く理解できる興味深いエクササイズを掲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフコーチングで能力を開発しよう(6)

(4)憶測回路 「部長は私に対してあまり期待していないのではないかしら?」 「最近、彼がよそよそしいのは、この職場のやり方になじめないからだ」 他人の心の中のことを正確に把握することはできません。当て推量、憶測は当たっている場合もあるでしょうが、誤解、勘違い、間違った先入観であるかもしれません。 不確かな推測…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフコーチングで能力を開発しよう(4)

2.思案の罠 セルフコーチングを阻害する5つの代表的な5つの代表的なパターンがあります。これらを「思案の罠」と呼び、それぞれ「~回路」と呼んでいます。 ひとりで考えていると、こうした回路にはまることはよくあることです。しかも、入るまい、入るまい、と思うと、かえってそこにずっぽりはまってしまいます。 では、どうしたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフコーチングで能力を開発しよう(2)

2.セルフコーチングで役立つ質問 セルフコーチングでは、どんな問いかけが役に立つのでしょうか? ひと言で言うと「未来志向の行動につながる建設的な質問」が効果的であることが多いと考えられます。 つまり、「どうなれば望ましいのか?」「どうしたらうまくいくか?」を考えていくような前向きな質問を自らに発する能力がセルフコーチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル 129

■仕事の指示を受ける時のポイント まず締め切りを聞く。 「いつでもいいから」に騙されるな! ハーバード・ビジネススキル講座 対話力ダイヤモンド社Harvard Management Update編集部ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by わかるをできるに変える、3ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル (128)

■ビジネス文章の書き方のポイント 「です、ます」はやめる。「である」調にする。 「僕」もやめて「私」にする。 「各位」には「様」も「殿」も不要。 特に新入社員!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20代で成功する方法

20代は長い職業人生の「基礎」や「土台」となる。 そのため、20代で「どのようにキャリアを築いたか」によって、未来のキャリアは大きく変わってしまう。 「入社してから数年をどのように過ごすかで、その後のキャリアが決まってしまう。」 20代はビジネスパーソンにとって最も大切な時期だ。 まず、次のように考えてみよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3秒で分かるビジネススキル★発想の転換が簡単にできるコツ

●自分の嫌いなことにあえてチャレンジしてみる 新しい発想を生み出すには、これまで嫌いだと思ってきたことを、徹底してやってみる、という方法をおすすめします。 たとえば運動が嫌いだった人は、テニスやゴルフ、水泳などに積極的に取り組んでみましょう。 そして「なぜ、ほかの人は楽しそうにやっているのだろう?」と考えてみてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴方をブランドにする「ブランドについて」という研修も珍しいかも

社内でちょっとした引っ越しをやった。 教育・研修グループは横に長いフロアーの一番、はずれの「窓際」に引っ越した。 窓を背中にして、長いフロアーを一望にできて、みんなの顔が見えるのがいい。 ちょっとした視点の違いが、「きっかけ」になって、組織を眺めることができるな、と思った。 「問題の解決方法」と「ブランドについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多忙であることはいいことか?

あるべき姿をイメージし、文章化するといい。 ところで「あるべき姿」にも2種類ある。 まずは「当然あるべき姿」という基本形があり、現状、それに追いついていない、と「そりゃ困る!」というもの。 これは早急に解決しないといけない。 もう1つは「理想像としてのあるべき姿」というもの。 これは文字通り、理想を追う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more